せめて自分らしく。

いわゆる「うぇぶろぐ」とやらを利用して、生存確認とか自分用公開メモとかネタ帳とか 自己主張とか、いろいろやっていこう。目標週三更新。
about

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
どっかで読んだと思うんだけど、ソースは忘れてしまったなぁ…。でも、こんな内容だったと思う。



周囲数十㎞に誰もいない荒野のど真ん中にひとりきりでも、孤独を感じない人もいる。

周り中に人がいる都会のど真ん中に大勢といても、孤独でたまらない人もいる。


こんなことがあるのは、ニンゲンだけだ。




まったくその通りだなあ、と思いますねぇ。

いや、オチも何もないんですけど。


過去はいつかどうにかなるかねぇ……?

スポンサーサイト
今日は講義の代わりに違う活動のある日でした。前回はみゅーじあむ行ったんですよ。


今回は、マッジクショー。……うん、びもーだよね。

それもどっか行くわけではなく、マジシャンが大学来てやるという。どうなんだろうそれ。安そう。。。


出てきたのは、いい年したオッサン。この人。マジシャンはマジシャンでも、コメディマジシャンだという。
わかりやすく言うならマギー四郎とかと同じ系統だった。なんか笑いを取る動作の中にネタを仕込んで、所々で「おーっ!」という演出をしてみせるタイプ。


で、今回は私ちょっと狙ってみたんですよ。マジシャン、ということで絶対に観客を使うタイプのマジックがあるはずと踏み、前の方に座っといたんですな。
そして彼が「誰かお金持ってないかい?」と聞いた時に、さっと財布出してみたんですよ。

うまく乗って、お金をどうにかするタイプのマジックに出演してみたわけです。

彼に預けたのは、$50(5000円弱くらい)のお札。渡す前に、私のものであるというサインを付けました。定番ですな。
彼は受け取ると、「2つ(two)返すよ」と言い、なにやら折りたたんで広げた。すると出てきたのは$50じゃなくて$2札。…たしかに2だけど2ドルかい!と突っ込みたかったが英語で突っ込めなかったんで笑ってしまった。ていうか$2札なんて見たことなかったし。。。
「これやられて笑ったの君が初めてだよ」と言われたけど…まぁいいや。そんなもんさあははは。

そのままじゃ困るからちゃんと$50返せと言ってみる。すると、今度は「$100札(bill)を返すよ」と言う。再び$2札を折りたたんで広げて出てきたのは…$100の請求書(bill)。
うん、たしかにbillだけどorz 「これで君は僕に$48借金があるわけだ」なんてジョークが出てきた日にはもうもう。。。

いやそろそろちゃんと返せよ、と言うと今度はショーの最初の方で誰だかに渡していた豆の缶詰をよこしてきた。そして「この中に入ってるよ」ときたもんだ。
確かにこいつも定番だが…この手のヤツは事前に打ち合わせて仕込んであると信じているので、にわかに信じがたい。
長い前振りをスルーして缶詰を開ける。いて、フタで指切った。で、中は…? ……どう見てもただの缶詰です。本当にありがとうございました。
…じゃなくて。ないぜと言うと、中に入ってると彼は言う。…えー?と思いつつ豆の中に指を突っ込む。


……いや、ないし!!!


会場爆笑orz
ま、缶詰もあらかじめしっかり調べたんだからあるはずないんだけど。それじゃマジックにならん…と思ってると今度は彼が指を缶詰の中に。
…どこで仕込んだのか分からなかったけど、最初はなかったんだから指をいれた時に一緒に入れたんでしょうねぇ。今度は出てくるわけですよ、私のサイン入り$50札。拍手喝采。わーわーわー。



私が手に入れたもの:豆臭い$50札、$100の請求書(もちろんニセモンだ!)、不必要な指の負傷、ちょっとした余興


ま、ネタになれたからいいんだけどねー。普通に楽しんだし。よかったことにしとこっと。


~一日一枚~

$100の請求書orz


プライバシー保護の観点から一部モザイク処理(ぁ

彼がこのショーで実際に受け取った金額は結構気になるな。

最近の更新滞ってますけど、生きてます。

で、なんか今日本語打てる環境なんで書きたいことだけさくっと書いて逃げます。


とは言え、おもっきし内輪向けなんで続きに入れときますね。ウチのサークル旧メン以外はスルーの方向で。。。

あ、特にこの日誕生日だったと思う人はスルーしないようにb

なんていうか、車で例えるなら、ガソリンは満タンだけどバッテリーがあがってるみたいな一日でした。

昨日は超早寝で起きたのがいつも通りなんだから、体力的には十分に回復してる。

でも、全然気力がなかった。


作り笑いすら作れなかった。ひたすらに無表情で無気力で。

さぞかし疲れてるか不機嫌かに見えたでしょう。

些細なことでも機能不全に陥る自分に鬱な一日でした。


でも今日の夜はクラスで夕食食べに行こうってなってたので、授業終わってからずっと音楽聞き続けて、むりやり回復した気分になって元気にやってみた。

やればできてしまう自分を褒めるべきか悲しむべきか。

実際はまだ鬱気味だから悲しみたいけど、喜んでおこう。


何もかもうまくはいかないもんだなぁと、強く実感できたよ。

しっかり5時半に目が覚めた自分を褒めようぜ(ぁ

なんかわからないけど普通に起きてしまった。しかもいつもよりも早く。幸か不幸かったら幸だわな。行動時間が増えるb


で、起きた瞬間に聞こえたのは、水の音。えー雨かよー、幸運は昨日までってことかー?と思ったら単に波の音orz あー、海でしかできない経験ですけどね、真実に気付いた瞬間の気持ちは何とも言えませんでしたあっはっは。

今日も割りかし晴れてたので、まずはビーチをたらたら歩いてみた。…だーれもいないのな。。。

気持ちよかったねー。夜もいいけど早朝もいいわー。ビーチは西向きだったから朝日は拝めなかったけど、十分にいい。


6時くらいに戻り、起きた人は身支度をして寝てる人は寝てる状況が一時間ほど。7時にはさすがに行動起こさないともったいなかったので寝てるヤツを叩き起こし、宿代に含まれてる朝食を食いにレストランへ。



で、雨。


(((;゚д゚)))マジカヨーーー!!



しかも結構降ってねぇ。レストランに少々濡れつつ駆け込み、食べ始めたはいいけど…どうするかね、とかなり心配したよ……。






食ってる間にやんだのが私たちの幸運を物語ってるんですけどねb

部屋に戻るころには日が差してるくらいにして。

幸運を使い切ったかなー、ってカンジだよまったく。



で、マジに使い切ったかのように、期待していたパラセーリングは風が強いのでナシ、と言われる。

…これは結構がっかりでした……。昨日は生殺しみたいな状態で、今日こそはとみんな意気込んでたので。。。


そこでへこたれないのが大切です。

すぐさま目標を変更。クアッドバイク(四輪のサンドバイクね)に乗ってみることに。お値段一時間ほどで$58。…まぁ、リゾートですから。

担当のスタッフが、ジェームズという人だったんだけど…楽しい人でねー。本当にこの土地・仕事が好きなんだなぁ、という人で。ユーモアも気配りもある人で、とりあえずよかった。あきらかに女性贔屓でしたが('A`)b


免許も何もない私ですけど、すっごいかんたんに運転出来るのな。ってか12歳くらいの女の子+母親(巨漢)も一緒だったし、彼女らでも楽々運転出来るレベルなんだけどね。四輪だから安定性があるし、ギアだの何だのも変えなくてよかったし。

しかし、その彼女らも含めて、女性陣総ビビリ。スピードを出さない。しかも一列になって走れとのお達しだったので、とってもゆっくりなドライブに……。

私は、絶叫系はあんまりですけどスピード系は大好きです。自分で制御してスピード出せるならガンガン出します。今回も何度かアクセル全開にしたりしてみたんだけど…前がつっかえるので数秒で終わり。……むぅ。


でも、最初舗装道路で練習、その後砂の上をいろいろ走ったりして、基本的にとっても楽しんできましたb


終わった頃にはだいたいお昼の時間。

昼食は、部屋を出る前に再び米を炊いて作ったおにぎり(海苔オンリーのストレート)を。
…確かに、すっげー味気はなかったんだけど…

おにぎりーーー!!!

ということでよかった。あは。


昼を食った後は、払えるお金もなくなってきてたのでビーチで波と戯れる。確かに風は昨日より幾分強く、波もその分高かった。。。

バレーボール借りてビーチバレーと洒落込んでみたんですけど…水の中でバレーしたら「ビーチ」バレーじゃなくね? なくね?

ま、そんなこんなでなんかあれこれやってるうちに時間は過ぎてしまい。


海自体はあんまり塩臭くないんだけど、体はやっぱり塩分まみれなのでシャワーを浴び…と思ったらシャワールーム行列orz
男はすぐだったんですけど女性陣30分くらい並びまして。

そのせいで結構時間押してきて、帰りの船のチケットをもらいに行くのはギリギリになってしまった。しかも、そのころからなーんか雲行きが怪しくなってきて…海の向こうに雷雲が出てきたりした。
それがもー、雷鳴りまくり。稲妻も見えまくり。ムービーまで撮れてしまった。。。


で、すべての準備を終えて船に向かうと、船の手前に写真屋があり、イルカの餌付けの写真とクアッドバイクの写真を売っていた。どっちも、こっちは撮れない状況だったけどカメラマンがいた、というすばらしい構造。

…買っちゃったんだけどね(´∀`)


だってー、イルカの写真ないのくやしいじゃーん。一枚$15くらい。…リゾートですからorz


そしてそこですべての運を使い切っていた私たちは、どしゃぶりに遭遇するわけです。

その時既に船に乗ってないと行けない時間。

…走りました、濡れながら。


船に着くと、雨が降ってるせいで屋外の席が使えなかったため、席はほぼ満杯。5人まとまって座る所などなく。

…多少散り気味で一時間半の船旅。

その船旅も、雷雲のど真ん中突っ切るという豪快なものだったので揺れる揺れる。雷もすごかったし。


ブリスベンに着く頃には大体やんできてたけども、なんかそこで私の燃料切れ。

帰りのバスから、もうダメダメでした。


なんか体力的というよりか精神的にえなじーあうと。

原因はなんとなく分かってるけど、分かりたくないや。

他の人を不快にしそうなほどダメダメだったので、さっさと帰ってちょこっと食べて、洗濯もせずに寝てしまいました。



最後がなーんかしまらなかったけど、もーとんの旅は総じてよかったですねぇ…。

交通費・宿泊費・2日目の朝食・イルカの餌付け込みで$138。悪くないよ。お金の余裕があればまた行きたいねぇ…今度こそパラセーリングをば。


~一日一枚~

味があるでしょう?


本日のベスト。自分では結構気に入ってるんだけど。

H A R E T A 。


こいつは日頃の行いがいいおかげですな(ぁ

幸運をかみしめつつ、種々の準備をして(つっても着替えくらいか)いそいそとバスに乗る(始発:7:30)。


先に予定を確認すると、8時に集合して買い物をし、9時から駅にてバスに乗って途中で船に乗り換え、11時半頃に島に着く、という行程。さぁ、lazyなオーストラリアでどこまで予定通りに行くかorz


まずはシティに8時ちょい過ぎに着く。これはどんなにがんばってもこれが始発だからしゃーない。

ちなみにメンバーは、クラスの友達・その友達・同じプログラムの友達×2・私の5人。お互いよく知らない人がいたけど特に気にすることもなく普通にいく。

着いたら朝から開いてるスーパーで買い物。夕食はカレーの予定なので野菜とか、その他飲み食いするものを買いだめ。昼食にはインスタントラーメンみたいなヤツを。結構な量だったけど大した額にならなくてなんかツイてる気分。ま、予定通りだっただけなのですけども。

スーパーから駅まで徒歩で10分くらい。バス停に5分前で着いたのは計算の賜物ですな。偶然なのは秘密。

ここで、同じバス待ちっぽい人たちがまわりにたくさんいることに気付く。まぁ、リゾート行きのパッケージツアーなんだから仕方ないけど、それっぽい人たちでいっぱい。

乗るバスを見つけて、乗ってから待つこと15分。やっと発車。この辺も時間来てようがすぐ発車しないのがOZクオリティ。


30分ほどバスに揺られて着いた船着き場。荷物を適当に預けてさっさと乗り込む。船の見かけは…可も不可もなく、というところかな。大きくはないけど小型船とは言えないような。

船の行程は1時間半くらい。時間はなんとなく予定通りっぽいから驚いた。しかしやることも特にないから、着いたら何するか、みたいなことを話しつついろいろだべる。今回のメンバーは全員日本人なので、内容も方言談義だったりしてテンポ良く。

いよいよ島に近づいてくると、なんか黙って座ってるのももったいないので写真を取りに上の階へ。
船の上が屋上のように解放されているので、思いっきり風を浴びつつ写真を取ってみた。


海の照り返しがキレイ


うーんまぁまぁ。でも本番はこっからですよ。

着いたらば現地スタッフが精一杯の歓迎をしてくれた。普通に楽しそうにしてくれるからこっちの気分も良くなる。

ついでにこんなのも歓迎してくれた。。。


中心からは外れてるねぇ


いわゆるペリカンですね。予想外に大きい。ってかくちばしだ。誰がなんと言おうがくちばしなんだヤツらは。


とりあえず現地スタッフがリゾートの施設関係を説明しつつ参加者を連れ歩く。途中でこんなの見つけた。


ポスター


「砂だけでできた道が他のどこにある?」

確かに、この島の99%は砂で残りの1%は岩だ、というのは知ってた。

しかし、ここは世界で3番目に大きい「砂だけでできた島」ですから。

1番は、フレーザーアイランドですからー!



置いとこう。

フリーのジュースをいただいたりしながら説明は終わり、チェックインを済ますことに。

さっそくカウンターに行って名前を告げたらば、

「ごめんなさいねぇ、まだ部屋の準備できてないの。12時半に来てくれる?」


おーけぃ、それを聞いた時刻は12時前だ。こういう現象を何というか? OZクオリティだ。


どうしようもないので、昼食後に何するか、という話をし、すぐさまパラセーリングに決定。

パラセーリングってのは、船にくくりつけたパラシュートを装備した人が、船の出すスピードにより空を舞うスポーツですな。多分この表現間違ってるけど気にしない。

島に上陸する寸前に、これやってる人を見て「これやろうぜ!」となっていたのですぐ決まったのです。


海関係を仕切ってるカウンターみたいなのに行って、パラセーリングできる?と聞いたら何時がいい?と返ってきてちょっと驚き。予約リストを見るとがらがらっつーか空。人気ないのか、とも思ったけどそうじゃない。純粋にそういうスポーツをする人が少ないだけのようで。どうやらここに来る多くの人は、のんびりまったりするのが目的のようだ。。。

予約は手早く済んでしまったので、結局部屋が開くまでだらだらし、言われた時間になったらすぐさまカウンターに押しかけて鍵をゲット。みんな空腹だったのでちゃっちゃと部屋に行き昼食を作りたかったので。

部屋を開けたら、なかなかにキレイで安心。窓からはビーチが見えるし、天井にはファンがついてたし、全体の印象も悪くない。キッチンは流しの他に何もないシンプルなデザインで、バスルームもしっかりしたもの。文句ないんじゃない?







…あれ?





……キッチンは流しの他に何もないシンプルなデザインで、……



あれ?



夕食はカレーで、昼食はインスタントラーメンみたいなヤツ。




あれあれあれ?







ガスコンロないorz

これはさすがに驚いた。もし火が使えなかったらカレーはおろか、ご飯も炊けずラーメンすら作れない。食事関係の計画丸つぶれ。そりゃまずいだろ、ということでいろいろ聞いてみたりしたけど全敗。

がちゃがちゃ探して、手元にある湯沸かしポット・底が少し深いホットプレート・電子レンジのみでどうにかせねばならん状況であることを確認。



ここであきらめて買い食いに走らなかったのはある意味すごいと思う。いや、ある意味ってか普通にすごい。

とりあえず、ホットプレートにお湯を入れ、インスタントラーメンを作ってみることに。






……



すげぇ



できた。。。

まぁ、理屈で言えばお湯さえあればできるんだから当然っちゃ当然だが、なんか驚き。

箸なんかもちろんないので、これだけはたくさんあったフォークでずるずる。まるでスパゲティのようにフォークに巻き付けて食べますた。


昼食は無事終了したので、予約してあったパラセーリングに向かう。

専用のボートで沖まで出て、広げたパラシュートと体を繋いでボートが走り出せば空の旅。うん、楽しそう。

私たちの他に12,3歳のOZが2人いて(男女各1)、先に彼らが飛んだ。彼氏ビビリまくり。ちょっと見てておもしろかった。。。

が、彼らが飛び終わるとなぜかスタッフはエンジンを止めて中の様子見たり電話かけたりし出した。
要はエンジントラブルってことなんだけど。

すぐ直るだろ、とか思ってたのにボートは浜に戻り、ちょっと直すので待ってろ、と言いだした。この時点で結構イヤな予感はしたけど、とりあえず言うとおり待ってみる。


……


30分後に、やっぱ今日は無理っぽいからお金返す、とか言ってきやがった・゚・(ノД`;)・゚・

ano, もうすぐ空の旅だぜいぇー、って気分で、直前まで行かしといてそれはないんでないすかorz


しかし残念でも時間を無駄にするともったいないので、すぐさまバナナボートに目標を変え、直行。


……


(しばらくお待ちください)



はい、10分ほど海の上を走ってまいりました。なかなかにスピードも出るし揺れるし跳ねるし、かなり楽しめましたな。
絶叫系とかダメな人ですけど、泳げない人ですけど楽しいもんは楽しい。リゾート万歳。


それが終わった後は、他に遊べるものがなくなってきてたのでビーチで色々戯れる。なぜか浅瀬でリレーして、ぶっこけたりむちゃくちゃ疲れたり。でも基本まったり。なんかそこの空気がのんびりなのが理由かな。


夜には野生のイルカに餌付けする、というのがツアーに含まれてたので、夕方には夕食を作るべく部屋に戻った。しかし、餌付けしてるなら野生って言わないような…?


で、火の問題に再び直面したわけです。

それでもあきらめなかったのはまったくもって賞賛に値すると思います。だって火がない状況でご飯炊いてカレー作ろう、と決めたんだよ?


具体的にどうやったかというと、

・ホットプレートで肉・野菜を炒める

・茹でる必要があるヤツ(にんじん・ジャガイモ)は、水を入れた器にぶち込んでレンジでチン

・プレートに再びお湯を入れ、肉・野菜を煮てあくを取り、カレーを入れて煮込む

・カレー完成


あ、嘘だと思ってる。そこのお前、「ホットプレートでカレーができるかよバーカ」なんて言ってるな?

つ[証拠写真]

開く時重いからサムネイルはなし


こいつはマジで良くできてました。ホント、普通に鍋で作ったのと大差なし。2つ並べて当てろと言われたら判別は難しいくらい。


それはよくてもご飯がなきゃカレーとは言えない。かと言ってホットプレートじゃさすがにご飯は炊けない。そこで出た苦肉の策。


・といだお米をレンジでチン


いや、まったくノープランだった訳じゃないんですよ? レンジの説明書きに「Rice」ってのがあったからさ。でも普通それって冷めたご飯を温める用だよね……。ま、ダメで元々ってヤツですな。どーせこのままじゃどうにもならないしね…



ちーん。



……




デキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


いや、マジで普通に炊けたんですよ。興奮のあまり写真取るの忘れたんですけどorz

もちろん、所詮レンジだから炊飯器とかで炊いたのよりは劣ってたと思うけど、全然気にならなかった。ただ炊けたので十分。ってか普通に美味かった。ホント、できた時にはみんな叫んじゃったよ。。。


こうして見事夕食は完成したけど、イルカの餌付けに間に合わないので食べるのはお預けにし、いそいそとビーチに向かう。


餌付けは専用の仕切られたビーチで、なんか建前的なレクチャーの後に、写真撮影(つーかフラッシュ)を禁じられ、手をがっちり洗浄してからでした。
正直、これらのルーティンの割にイルカに近づけた時間が短かったんですけど。。。

しかし生であそこまで近づいたのは初めてだったなー。なんつーかめんこい。方言だろうから通じないと思うけどそれがぴったり。

イルカは全部で8頭(数え方あってるのか…?)いたけど、餌付けする人間は優に100人を超えてましたねぇ。彼らはあんなに食って大丈夫なんだろうか。


とりあえずそれが終わったら部屋に戻り、カレーを温めていただきます。…とっても懐かしい気がしました。だってこっちのカレーって根本的に日本のカレーとは違うんだもの。ウチのホストだけかもしれないけどorz
どっちにしろ日本的な味を存分に堪能できたよb

食い終わったら酒が入りつつ、シャワー浴びたりトランプしたり。賭けが絡んでくると楽しいね。。。


しばらくそうやってがちゃがちゃ騒いでたんだけど、そのうち下の階の人が「赤ん坊いるから静かにせい」と言ってきた。
…文句言いたいけど相手が赤ん坊じゃどうしようもない。テンションを下げて静かにしてみた。

結果:睡魔の到来

みんな一日の疲れが出てきて次々と眠たくなってしまい。12時半くらいにはどうしようもなくなっていた。


私はてんで眠くなかったので、ナイトウォークなんかしてみました。

真夜中の静寂に包まれたビーチは、なかなかに魅力的でしたねぇ……。
基本的に夜好きな人間なので楽しい時間ではあったけども、一人で出歩いたのは失敗だったなぁ、と思いました。いや、別に問題が発生したとかじゃないですけど。察してくだしぁorz


1時過ぎに部屋に戻り、することもないので就寝。次の日も晴れることを祈りつつ、眠りについたのでした。


~一日一枚~

南国のリゾート気分全開


本日のベストショット。いいでしょ?

なんとなーくデザイン変更を検討中。

FC2は、公式もユーザー提供の共有も既に山ほどテンプレートがあるので、ちょこちょこっと探せばすぐにおもしろいのがいくらでも見つかるのだけど……なんかそれは「らしく」ないですよ、ねぇ? 勝手に思ってるだけですけど。

そんなわけで私は他のユーザーが作った共有テンプレは使いません。かといって公式そのまま、なんて恥ずかしくてやってられない。


つまり公式をいじるしかない、と。


……


いじってますb



明日からモートンアイランド行ってきますけど…なんか最近天気が芳しくない。こういう時に限ってそういうことが起こるから人生おもしろいのかもしれないけど。。。



晴れることを祈るばかりです。


~一日一枚~

KOKUMARO


明日の夕食の予定。

やっと終わった@深夜2時。

ねみぃ。


詳細はメンドイので省略。




でもコメントは返すぜいえぃ。

以前にふれーざーだのもーとんだの言ってましたけど、やっと決着。この週末にもーとん、それ以降の適当な日にふれーざー。それは決着とは言わないのでは?


で、もーとんに行くために旅行会社みたいなのに行くことになったわけですよ。


まず授業終わって、建物の外に出ると。
そこで、ちょっと激しく雨が降っていたんだな。ま、これは普通と言えば普通か。今年ここブリスベンは慢性的に水不足らしいので、雨自体は喜ばしいくらいかもしれない。

傘持ってなかったから、半分濡れたくないけど半分諦めて歩き、バス停まで行くと。
ちなみにOZは雨降ってようが雷鳴ってようが、100%気にしないでのんびり歩きます。諦めじゃなくて気にしてない。降る前と後で態度に変化ないんだもの。友達と、なんか国民性だねぇ、などと言いつつバス停に着く。

行き先がシティだったからバスはすぐ来た。郊外行きは30分に一本くらいだがシティ行きは10分に一本くらいかな。
まぁそれで来たのに乗るわけだ。

普段はガッコからシティまで、およそ20分しないくらいで着くのさ。道が空いてりゃ10分ちょいで行ける距離。なのに、




50分かかった罠orz




なぜか分からんが道がすげぃ混んでる。全然進まない渋滞。いや、原因が分からない訳じゃない。なんとなく予想はつく。

雨降ったからだろーな。。。

ちょっと雨が激しく降ったくらいで交通網に影響が出る…日本じゃなかなかないと思うんですけどそうですよねドライバーのみなさま方? 雪だの雹だのじゃないですよただの雨


…やめて欲しいよね。


降りたらそれだけでずいぶん疲れてたけどメインの目的は旅行社なのでさくさく行く。

実は手続き関係全部友達に投げてたから知らなかったのだけど、その旅行社は韓国・日本系で、社員は英語・韓国語/日本語を話す人たちだった。これすっごい助かった。旅行とかの詳しい話を英語で聞いてミスるのは痛いからねぇ。

おかげでお金払って説明聞いてのプロセスが非常に手早く済み。
なんかすっげー久々に「ありがとうございました」を言われてそこを出た。耳にする日本語のバリエーションが限られてる証拠ですね。いいことだけどなんか切ない(´・ω・`)



それが終わったら、すぐ帰る最短ルートを取ったんです。シティからならバス一本で帰れるから、それが来るのを待ったんですよ。


待ったんですよ。

とっても待ったんです、はい。

「次のバスは何分」の表示がどんどん変わっていくけど待ちました。





また40分ほどorz


えーと、なんていうかもうどうにでもなれってカンジでした。バスなんて、時間通りに来たら拍手モン何じゃなかろうか。最近は5分くらいの遅れなら、ないのと同じくらいの感覚になってきてます。


シティでの用事は5時半には済んでたのに、家に着いたのは7時過ぎ。ホストは夕食を6時半すぎには食べてしまうので、やっぱり一人でもそもそ食べました。
なんかもう、彼らからなんら関心を得ていない自分をひしひしと感じる今日この頃。


でも今現在移り住む家が見つからないので、今後もこのままグダグダでここに住んでそうな予感がコワイ。あり得る。とっても。



いや、遅くとも2月にはなんとかなってますよ。……多分。

ネタになりきれないけど、なんとなく印象に残ってるものとか。


・大学構内(大きい庭園)で結婚式

・道路にチョークで子供の落書き(世界共通なんだなぁ…)

・気が付いたらチョコで一杯の自分の買い物袋

・授業中、いつの間にか服にくっついてたバッタ

・獲物を捕食するナナヤ(不明な単語はスルー)




うかうかしてたらあっという間に11月も終盤である事実


orz

あっはっは、ネタがないぜ。なんか2月まではこのまま惰性の生活が続きそうでコワイ。ってかこういう場合マジでそうなるからホラー。


で、どっかのかわいい後輩余計なことも言ってくれてるけど教えを請うてるし、自分がんばって勉強した領域なので、気の向くままに書いてみよう。


でも一般的につまらないだろうし、htmlに関する知識ゼロの場合まったく分からないようにできてるので、続きにいれとこう。コメント返しも下の方につけとくので、該当する気がする人は下までスクロールしてみよう。

「コメント返し来てないぞコラ!」とかナシね。絶対書いてます。貴方が見逃してるだけ。。。


今朝は、「とってもよく寝た!」という感覚と共に起きて、さて今は何時だ11時くらいか?と思って時計を見ると……7時半。あは。


はい、今日は洗濯をしたこと以外は引き続き惰性のウィークエンド。よってネタもない。そこで、ためてあったネタを使ってしまおう。


超究極迷路


えー、ここは何かというと、いわゆる「隠しページ」ゲーム屋さんです。スタートのページから、Webに関するあらゆる知識を駆使して「ここで終わり!」ってところにたどり着くことを目標としたゲームなのです。

まー、「なんのこっちゃ?」という人はYahoo!あたりに「隠しページ」といれて検索するのが先だと思いますけど。初心者にもよくわかる優良サイトさんがたくさん出てくると思うので、その辺を参照してみてくださいな。


で、このサイトなのですが。

超究極、を名乗るだけはあります。すっげームズイです。htmlの仕組みさえ分かってれば一般レベルの隠しページなんてすぐに見つけられますけど、ここは悪質です。あ、褒めてますよ? これ考えた人すごいと思う、という意味。

序章+1章~3章からなってますが、2章以降はなかなか困難。ヒントがないと知識のある人でもなかなか進めないのではないかな。ちなみに、ヒントも隠しページになってるので探さないといけないですけどねb


ちなみに、紹介するくらいですから私はクリアしてます。ジャンプしたらすぐクリアした人リストが置いてありますが、そこの149位が私です(HN晒しorz)。

もうかなり前に更新止まってるサイトさんですけど、お暇な方で自分のWeb知識を試してみたい方は、トライされてはいかがでしょう?

もし3章をクリアできたら、あなたのそっち系レベルは私とおなj(ry



気付かれてるか分かりませんけどリンクはちょこちょこ変わってます。ほぼ自分用ブックマみたいになってるので特に紹介とかはしませんがね。

そのうちaboutとかは書き換えときます。。。

さて、先日までの記録で言うと、私は土日で島に旅行行ったはずですけど、残念ながら行ってません。


まず、島の名前はもーとんだった。なんかいろいろウリがあるらしく、どれがメインかは分からない。まぁパンフに「野生のイルカだぜいえー」みたいなことが書いてるので、それがメインかもしれんけど。

で、なぜに行けなかったかというと単純に不可能だったから。人数的にも、時間的にも。ある程度の人数いないとパックを申し込めず、予定期間内に必要な人数にならんかった。そして予約も間に合わず。結果キャンセル。

うん、まー仕方ない。来週ということでもう一度人を集めてみることに。でもなんかむりぽな予感orz


そんなわけでこの週末はまったく予定がなくなってしまった。結果、ひきこもり(*ノωノ)


あはははは、だって暑かったんだもの。なんか出歩く元気も出ず、本読んだりしてだらだら。
洗濯がしたかったけど干す場所が既にいっぱいだったので明日に延期。


…あぁ、ホントに何もしてないやぁ。


そんな惰性な一日で困ったのが、虫さされ。

先日、長時間屋外にいたため、ひどく刺されてしまい。

しかも、腕とかよりひどいのが足だってんだから始末が悪い。太ももとかじゃなくて、足の先。
あぁ、その時裸足だったんですね。結果、動き回る腕だの頭だのより動きの少ない足に集まったのは理にかなってるんですが。

…ざっと数えただけでも片足に20ほど。見てて気持ち悪かったので写真はナシ。

もーねー、かゆい。私は常日頃、虫に刺されても掻かずに叩いてますけど、掻かずにいられない。しかも、今履いてるのはサンダルだから、刺された部分とこすれるとなおさらかゆくなる。

ってかなんでこんな刺されるのか。日本じゃ滅多に虫さされとかなかったんですよ最近。私A型ですよ? 蚊が好むのはO型だって聞いたよ? そんな美味いか私の血は? 今度飲んでみるか。…意味ないからやめようorz

ま、かゆいだけなのでまだいいでしょう。アメリカとかなら西ナイル熱とかアブナイし。詳しいことは知らないのでコメントは控えますけど。



……あ゙ー、かーゆーいー、

から早寝しようそうしよう。

後から読み返したら、どう考えても来る人すべてを鬱にするようなモノだったので、「鬱好き」なんて病的な方は続きどうぞ。
「これ読んだせいで気分悪くなったぞコノヤロウ」などの苦情は受け付けませんのでそのつもりでb

どうしようもないとき、どうすればいいだろう。


どうにもならないからどうしようもないんだけど、どうにかしたいから足掻くんだよな。


結果が明らかにわかっているとしても。



忘れていた誰かのために、小さな火をくべよう。

今日の授業で、ディスカッションがあったんですよ。

テーマが、「人生」で。サブテーマがいくつかあって。


4人の少人数で人生についてあれこれ話して。Life is full of love.だとか。Life is like a gamble.だとか。人生においてself-esteem(自尊心みたいなモノ)とambition(野望、とか訳すか)はどっちが大切かとか。
まぁ楽しくやってたんですよ。

その中で、「人生における楽しみ(Pleasure)を大切な順に並べろ」というサブテーマがありまして。
項目がいろいろあるんですよ…shoppingとかdrinking alcholとかsleepとか。

その中で、「chocolate」という項目を上位にすべしと主張した自分がいました。。。


最近中毒かってくらい食べてるんですよねぇ…うん、少なくとも毎日は食べてる。
朝最初の授業(1時間45分)の後、15分休憩して二つ目(2時間)に入るのですね。二つ目が終わるのが1時なので、みんなこの休憩時間に何か食べるんですよ。私も例外でなく、そして私が食べるのはチョコなわけでして。

絶対ダメだよなぁ、と思いつつ毎日食べ続けてるので、以前心配した体重の減少はないかもしれません。うん、なんていうかやっと自分は中毒になりつつあるかもしれないと気が付いた。やめる気さらさらないんだけどね(´∀`)


ついでに、最近寝る時間がまた遅くなりつつある。でも起きる時間一緒。…にんげんってすごいなあ(棒読み)。


そういえばいつだったかカウンターが1000超えてた。わーい。書いた分にあってない気がするけど、まぁジコマンで書いてるんだから何ら問題ないや。

1000踏んだ人で証拠の提示が可能な人がいたら、なんか出るかもしれないので申告するといいことあるかもしれないよー。

今日の朝は、変な夢で起きた。


まず、寝てる夢って時点でヤバイ。
で、起きそうになる。が、なぜか「もう日本帰ってきたんだしいいやー」と思う。

寝続ける。

目が覚めると午前11時半だ。でももう帰ってきてるんだから関係な、い……? いや違うだろ! ここはおーすとらりあだってまだ普通にガッコ行ってるって! うわ、これはやばい寝坊しすぎだろ急げ急げ急げー……!


で、リアルに目が覚めた。

慌てて時計を見ると、午前4時半。


あははははははははははははorz





今日は、OZの生活を端的に表した言葉を聞けたので、記しておこうと思う。


「8時間寝て、8時間働いて、8時間自由時間」


素晴らしくわかりやすい一日ですねorz



あと、今週末に近くの島に遊びに行こう、みたいな話が出たのでそれに乗ることにしたり。行き先の名前忘れてるのはヤバイと思うけど。


あー、ネタ切れ。そんなときは写真に走るのも手だ。

~一日一枚~

ムダに集めてる


どれもバラバラな模様だけど、全部$1硬貨。発行年ごとに違うっぽい。

帰る頃には全部集まってるかもねb


先日、おーすとらりあ政府はテロへの警戒レベルを一段階上げたそうですが、それと関連してそうなしてないような事が起きました。


いつものように授業を終えて1時間だけのPCルームであれこれ確認してると、その部屋の責任者っぽい人(無駄に声が高い中年の男。キモ気味)がいきなりこう言った……



「今日は、公共交通機関が4時45分~5時15分の間、全部止まりますからねー」




(゚Д゚)ハァ?



一斉に「どういう事だ」が浴びせかけられる。彼は少し慌てつつもこう答えた。


「どうやら交通機関に脅威があるようなので、一時的に止めるそうです」

マジで、脅威(threat)という単語だったんで驚きましたよ。


5時にPCルームを追い出されてバス停に行ってみると、かつて(こっち来てから)見たことないくらい混雑してまして。ぱっと見200人くらい? 普段とのギャップがありすぎて困った。。。


で、30分過ぎに来たバスに乗れたはいいですが、いんどーぴりぃでの乗り換えがなかなか来なかった。




待った。

待った…

待った待った待った…!


およそ1時間。

ドライバーに、「お前ら時間通りに運転する気ないだろ?」と本気で聞きたくなるほどでした。


驚きなのは、そんな状況なのに誰もいらついてるように見えなかったこと。これが日本なら、抗議の電話鳴りっぱなしですよ。ドライバー即クビでしょう。
まぁ、これがおーすとらりあなんですねぇ……。


家帰ってからニュース見ると、事の真相が明らかに。

要はイタ電に踊らされたんですね。「爆弾を仕掛けたぜわーい」みたいな電話に地元当局が焦って、交通機関止めて全部チェックしたそうな。
まー、政府の方針変わったばっかだし、安全第一ってのは悪い事じゃないけど。

もう少しどうにかなったんじゃなかろうか。この国では誰もそんなことに文句言わないからいいのかもしれないけど。交通機関は市民の「足」なので、あんまりこういうことがあるのは困ります…はい。



そうそう、家の件は予想通り、流れました。結局3人目が出ないまま、もう一人が他の人と住むところ見つけてしまったので。
いわゆる置いてけぼりですねorz

…いいさいいさ! もっといいトコ見つけてやるさ!!



(ノД`;)グスン

今日は少々寝坊した(9時起き)くらいで、あとは引き続き惰性の日曜日。ウィークエンド最終日はまったく何もなしで終了しました。。。


うん、つまりネタがない。よってまた久々にソフト紹介に走ろう。


その前に軽く講義。テーマは色。htmlを少しかかじれば、色を記述する時の煩わしさは誰でも感じると思う。よっぽど数学得意じゃない限り。

簡単に言うと、色はhtml上では10進法、または16進法で記述されるのです。


10進法っていうのは1,2,3,…8,9,10でひとまとまり、というヤツですね。小学校でやったね。
16進法っていうのは1,2,3,…14,15,16でひとまとまり、ということです。まぁこう言うだけなら簡単ですか。

色を10進法で表す場合、赤、緑、青(RGB、と呼ばれます。れっど・ぐりーん・ぶるーね)がどれくらいの割合かを、0~255の数字で表記します。具体的に言うと、白の場合RGB(255,255,255)となり、黒だとRGB(0,0,0)、赤だとRGB(255、0,0)となります。

ここまではそんな難しい話ではないか。この割合をいじるとあれこれ色が出せるのですね。

これを16進法でやるとメンドクサイのです。


16進法ですが、1~16じゃないのがポイントです。00~FFで表します。つまり、00,01,02,…09,0A,0B,…0F,10,11,…19,1A,1B,…1E,1F,20,…9E,9F,F0,…FD,FE,FF、とまぁこういう具合なのです。

…わかったかな? 16×16が256なので、こういう計算になるんです。例えば、10進法で20は16進法で14。同じように59は3B、74は4A,147は93,242はF2なんですね。


……よっぽど頭の回転早くないと10進法⇔16進法はぱっとできるもんでないです。というか無理だよね? よね?


で、話を戻すとhtmlです。htmlで色を記述する時は、どっち使っても動きます。<font color="255,0,0">か、<font color="FF0000">と書くとフォントが赤くなります。<font color="red">と書いてしまう手もあるんだけどorz

個人的には16進法のが好き。コンマがいらないから。まぁ人それぞれです。流れは16進法にあると思いますがね。
でも例えば、ペイントなんか使ってると10進法は分かっても16進法が分からなかったり、逆のパターンもあり得るし、具体的に「この色いい!」と思ってもRGBわからなくて使えない、とか、htmlにおける色の問題ってのは結構あります。


そこでおもしろいのがこのGetRGB

こいつを起動させると、マウスの載ってる場所のRGBを16進法で常に表示してくれます。
マジで「常に」なので、Windowsシステム系のボタンとかの色まで出せます。

気に入った色を見つけたら、マウスを載っけてシフトボタンをポン。
すると10進法・16進法どっちも記憶されて、違う色の上に載っかってても変化しなくなります。ここで大・小ボタンどっちかを押すと、16進法のRGBが大文字か小文字でクリップボードにコピーされます。言い換えると、右クリックして「貼り付け」すると出てくる状態になるって事です。


これはhtml書いてる人にとっては結構助かるんじゃなかろうか。少なくとも私は、これ見つけた時すっごいうれしかったです。


とは言えこいつはとってもマイナーで、使用用途がとっても限られてる。でも特定のシーンではかなり便利だし、なんつってもおもしろい。この仕組みを理解するのに、10進法とか16進法とかすっげー久しぶりに思い出したし。

まぁ、別に必要じゃなくてもお遊び気分で試してみるといいかも。


…ネットに繋がれないからマイナーなソフトしかないのはひm(ry

とりあえず昨日帰ってくるのが遅かったので、今日の朝食は昨日の夕食。レンジでチン。
うん、まぁそんなモンだ。朝からパスタだけどそんなモンだ。

で、今日は前に見た例の家をまだ確認してない人と見に行こう、ということになっていた。

正直、私自身はもう見に行かなくても条件さえそろえばすぐに契約に入っても良かったんだけど、まぁこれもまたそんなモンだ。ということで一緒に見に行くべくシティ行きのバスに乗る。

…シティに着くと、ちょっと予想と違う事態になっていた。


当初の予定では私と、もう一人同じプログラムの人と、その人の友達と住むことになってたんだけども、その友達がなんとなく乗り気でなくなってきたという。
しかも結論を月曜には出す、ときたもんだ。

ドタキャンかよ!!!

…で、その代わりに同じプログラムの人が興味あるっぽいので一緒に行くことに。うん、この時点では代わりがいるからいいか、みたいな認識です。



まぁ、そんなこんなでまずは不動産屋へ行き(土曜は2時で閉まるそうだorz)、鍵を借りて先日の物件へ。

私自身はやっぱり一度見てるので特に問題もなく。もう一人があちこち見終わるのを待つ。


10分少々でだいたい切り上げて、不動産屋に戻ることに。この時、もう一人の返事が「ちょっと考えてみるわ」だった時点で大体今後の想像はできた。。。


物件見学の後は、シティをふらついて昼食を食べ、適当に解散。ってか土曜日の街のど真ん中でフードコート閉まってるってどういう事だろう。おかげであちこち歩きまわっちまったよorz

その後はシティ出てきたついでということで、自転車屋を見てみることに。先日の中古の張り紙はこないだ見たらなくなっていたので、中古は店にあるのか、新品はどんなモンなのかを見てみようと思ったのですよ。

3ブロックほど歩いて着いた店で、私が見たのは。





中古:0

新品:$300~$2000


orz


こいつはしっかり高いぜ。
まぁ、いわゆるマウンテンバイクしか置いてないってもあるんですけど。しかも、この値段にプラスしてヘルメットとライトを買わなきゃいけない(合計およそ$100)。なんかこっちの法律で、ノーヘルは$80の罰金らしい。

うーん…$400……日本に持って帰るならそれくらい払っても問題ないのかもしれんが…それなら最低4年は乗らないと元が取れないな……どうしよう('A`)y-~~~





結論:保留b



そのあとは家に戻ってだらだら。惰性の休日。うん、楽。

で、夕食に出てきたのがいわゆる「ふぃっしゅ&ちっぷす」。よく聞くけど具体的になんだか想像がつかなかった食べ物でした。

その正体は…大量のフライドポテト&サカナのフライ。
……まぁ、確かにそう呼ぶしかない代物ですけど。ちなみに味は、この家のヤツ限定なのかもしれないですけど、すっげー油っこいです。くどいです。油油してます。
普段とっても健康にうるさいこの家の人でもこれはさくさく食べてました…言っちゃ悪いけど、すっげー健康に悪そう。私は構いませんが。


夕食もやっぱり惰性。うーんこれでいいのか自分。でも今は流されてたい。いろんなことただ考えられるのは幸せだと思う。同時に悲しくもなるんだけど。


そんなぼやきでウィークエンド2日目も終わり。そこはかとなくびもーですねヾ(。・ω・)ノ

今日でこっち来て五週目。とりあえずワンセットの最終日ということで、ガッコの方で出してくれるBBQがあることになっていて、2月から入る学部の人と軽くミーティングもあることになっていて、クラスでも昼過ぎからパーティをしようということになっていた。
うん、いつにないハードスケジュールですね。。。


まずは最終テストであるリーディングをさくっと。ま、この手のテストは数受けてきてるので大したことないや。


終わったらまずはガッコのBBQへ。



で、何が出るかと思えばただのハンバーガーだぜorz

えっと、世間ではこういうのばーべきゅーとは呼ばないと思うのですけど……と声高に主張しようとすると、プレートを持ったオバサンが近づいてきて、その上にのっかってるモノを勧めてきた。

聞くと、カンガルーのBBQだと言う。

かんがるーときたか。


これは食べるしかないでしょ、ということでさっそくひとくちふたくち…








(*'-`)ンー







(*'-`)サイショナントナクギュウニクニチカインダケド、アトアジガナンカクドイッツーカ・・・ギュウニクトハチガウ




ま、要はびもーですた。

決してキライじゃないけど高そうだから好んで食べるモンでもないんだろう、多分。


ここはどうやらそれだけのようなので、次の予定である学部の方へ。


でもみんなBBQ行ってて集合が遅れ、予定より30分遅れでミーティングを行いまして。

っつっても学部で用意してくれた昼食(変なサンドイッチと中身がびもーなスシロール)をぱくつきつつ聞きたいこと勝手に聞く、みたいなことをしてました。

そこで、やっと希望の持てる話が聞けました。この学部で半期勉強するのはおもしろそうだ。この大学を志望リストにいれた理由である科目が並んでる。早く英語のプログラムなんて終えてこっち来たいぜ、と本気で思ったよ…


そしてここもまたなんとなく出て行ってもいい頃合いかな、というくらいにそそくさと立ち去り、パーティの準備をしているクラスメートと合流すべく、一路シティへ。

今回の計画は、さうすばんくで以前使えなかった「屋根付きの便利な場所」を使い、お好み焼きと…名前忘れたんだけど豚肉を焼いてなんか付けて野菜にくるんで食べる韓国料理を作って食べよう、というもの。

しかし私は遅刻しちゃったので買い物組に合流することはかなわず、場所取り組みに合流。買い物組が帰ってくるまではだらだらおしゃべりするくらいしかなく。でもお互い英語得意なわけでもないからつっかえつっかえの会話で。
それは自分のことでもあるんだけど、なんか滑稽な光景だったと思います、はい。「あー、なんて言うのか分からないけどさ」が連発される会話だもんねぇ(ノ∀`o)


で、様々な食い物飲み物が到着すると、すぐさまビールが開けられてかんぱーい。
…あの、まだいない人たくさんいますけど。これって無礼じゃない? じゃない? …ならいいんですけど。セーフであることを祈ります。

で、しばらくはなぜかラグビーボールとかフリスビーで戯れてました。投げたり走ったり跳ねたり。うん、アルコール入った直後にね。今考えるとかなりアブナイよね。


しばらくして、みんな集まってきた頃についに調理開始。
とは言えまともな準備もなし。なにしろ調理器具がない。あったのはおたま×1、ナイフ×1、ボウル×1のみ。あとは材料だけで料理しようってんだから果敢だったねぇ。

ま、洗って切って焼くか(肉&野菜)、開けて水かけて混ぜて焼く(お好み焼き)だけだったので全然難しいことではなかったのかもしれないけど。。。


…この辺の写真があって然るべきなんだけど、驚くべき事にこの日バッテリー切れをかましまして。
粗相ですよ、まったく。何も出ませんけどね。


できたものはどれもなかなかに美味しく、久々に腹一杯だーってくらい食べました。最終的には豚肉余る程だったし。
食べ終わったらだべるしかない。英語でだべるのはなんとなく大変だったけどなんとなく楽しかったb

しかしチャイナ系(台湾含む)がチャイ語で話すので、悔しくなって日本語使った自分を許してくださいorz
山口出身で関西の外大行ってるらしい(ちゃんと確認してないのな)女性がいるんですが…関西系の方言を話す女性はかわいいねε-('ー`*)
最近は英語に慣れてきてて、聞こえる日本語もぜーんぶ標準語だったってのもそう感じさせた一因かもしれませんが。


そろそろ移動するか、ということで歩き始める。行き先はとりあえず飲めるところ、というまったく具体性のないところから始まり、最終的にはとぅーうぉんぐの飲み屋で飲もう、ということに。

位置関係で近かったのでシティキャットを使用し、ぶりすべんりばーを上って飲み屋にごー。


だが着いてもそこは人でいっぱいだ。

まぁ、今日でガッコ終わりという人も結構いたので、飲み屋でおつかれーとなるのは自然な流れであり、いい店に人が集まるのは仕方のないことだ。
しかし中は、座れないどころか騒々しすぎて二者間の会話さえ大声を出せねば成立しないほど。

さらにいろんな事情で(身分証明忘れた、バスの時間ない、やっぱ店変えるか・いややっぱいいetc...)かなりの時間をロスしてしまい。

それでも飲もう、ということで店の隅っこに居座り、ちまちまと飲み始める。
私はどういうわけか、なんとなくすいすい飲んでしまい、後半うまくないという失態を犯してしまいまして。まー、私最近は酔ったら静かになる人ですから。
それぞれの知り合いもたくさん来ていたので、それぞれ入れ替わり立ち替わりいなくなって他の人と話してきたり、まったりしたりでだらだらしてるうちに時間は11時半。さすがに徹夜で飲むわけにはいかなかったので(先週の反省もあるしね。。。)、その辺りで解散し、バス捕まえてこっそり帰宅。

もちろん、私の家って言うか周り中は静まりかえってるので音を立てないよーに家に入り、適当に着替えてベッドに倒れたら、いつのまにか夢の中。
うーん、なかなかハードだったねぇ…楽しいからどうしようもないのだけど。


しかし、完全に英語でしか意思疎通が不可能でも楽しいモンは楽しい。ま、当たり前のことなんですけど、とっても実感できた夜だったので書き留めておくのですよ。
またこのクラスでこういうのがあるといいなぁ、と思いつつウィークエンド1日目を終えるのです。


P.S.
今日はポッキーかプリッツが食べたかったなぁ。。。

あ…ありのまま 今日 起こった事を話すぜ!
『気付いたら、時間がいつもより1時間遅かった』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも 何が起こったのか わからない…
頭がどうにかなりそうだ…
勘違いだとか時計の故障だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの 
片鱗を味わったぜ…














まぁ、要は寝坊なんですけどorz

コピペですみませんね…ネタの分からない人にはもっとすみませんね……


うん、とりあえず朝普通に起きて、いつも通り準備して、普段の時間に家を出たのに、いつもすれ違わないバスとすれ違ったので、「あれ?」ということで時計を見直したのですよ。

7時25分ならOK。いつも通り。バスがおかしい。


よし、7時25分、だ…? あれ? これって……短針が8を指してる?




○| ̄|_ OTL orz





…ってな具合でして。バスの異常を感じるまでまったく寝坊したことに気付かなかった。。。
ホストファミリーのお二人は最近ホントに朝から晩まで働いてるので、私なんかに構ってくれない。この1ヶ月毎日同じ時に家を出てた私がいつも通りの時間に起きてこなくても、まったく気にしてくれなかったorz

…くそぅ、もうすぐこんな家出ていってやらあ!(泣


そんなこんなで初遅刻をかましてしまいました。あぁ、一昨日もさぼっちゃったし。勤勉な私はどこにいっt(ry



ところで、今週はテストだった訳なのですが。
そう、実は毎日ちょこっとずつ(月:リスニング、水:ライティング、木:スピーキング)あったのですよ。この英語プログラムは10週でひとかたまりなので、みっどたーむみたいな物です。

しかしね、これらの目的があからさまにIELTS対策なのが気にくわない。どれも、実際のIELTSで使われそうな問題をシミュレートしたものだった。
そりゃね、このプログラムはIELTS受ける人のための物だけどさ。もう少しやりようってあるんじゃないかと思うわけよ。
どう考えても私のようなの(IELTS受けない人)はマイノリティーなのだけども、それでもここで叫んでみる。




IELTSがなんぼのもんじゃー!!!

こちとらTOEFLスコアもっとるわー!!!!




(注:IELTSそのものを批判する物ではありません。てへ。)
(注2:もちろんTOEFLを全面肯定してるわけでもありません。あは。)



ま、結果は悪くはないけど良くはないだろうなぁ、というレベル。正直この英語プログラムに関しては、単位来ればどうでもいいや。



ネット復帰したらやりたいことがたくさん。とりあえず、あちこちに私の足跡が付きまくるのは確定だと思います。


で、続きは付いてる足跡へのお返事なのです。

今日は、金曜のクラスパーティの準備話で盛り上がりました…授業中に。


それはそれで置いといて、授業後にオリエンするので来いと言われていました。

なんか、ウチの大学のプログラムの人だけ集めて説明をする、とのことだったので、息巻いて行ってみることに。


出てきたのは、緊張からかアル中なのか指先が震えてるオッサンと化粧の濃いオバサン。なんか偉い人で、このプログラムの担当だという。ふーん、でスルー。

で、話し始めたのをおとなしく聞いてると、この会の主目的は「ちゃんとした挨拶代わり」だという ゚(Д゚`;

おいおい、もうこっち来てから5週目だぜ? いくらlazyでもさすがにこれは冗談が過ぎるぜorz


その後は、こっちのたまった質問をあれこれぶつけてる内に終了。ここでやっと不鮮明だった事柄の一部が明かされた。IELTSを受ける受けないだの(Ans.必要なし)、クラス変えるだの(Ans.基本的に無理)、夏休み後の処遇だの(Ans.長いので省略orz)、知る必要のあることがやっと聞けた感じ。
助かったけど、遅すぎだよね。。。


そして、金曜の午後に2月から入学する学部の方にご挨拶できるらしい……ってをい。


パーティとかぶったじゃまいか。



…どうしようかな……と悩みつつ、眠すぎなので降参。12時で降参せざるを得ないなんて、中学生かよorz

火曜はいつもなら講義の日なので退屈しないかなー、くらいの感覚なのですが。

今週は住宅探索週間ということで、そっちの方が優先する事態になりました。まぁ、ぶっちゃけてしまうと初サボりです。
いやだって、不動産屋が全部5時には閉まってしまうのだよ? 物件の中を見に行こうと思ったら1時間前には当該不動産屋にいないといけないんだよ? ガッコ終わるの3時半で、移動が30分で間に合う保証がないんだよ?

そういうわけで、講義をサボって昨日の不動産屋へ行き、他の物件を見ることにしたのです。


1時半くらいにガッコを出て、着いたのは2時半くらい。やっぱりこんなモンなんだよねorz

で、さっそく中を見たい旨を伝えると、すぐに鍵が出てきて持ってけという。


……え? ちょっと、…さすがに不用心すぎない?

と思ったら、しっかりパスポートを回収され、ケータイの番号も控えられました。まーね、さすがに物件の鍵を何の保証もないヤツには貸せないよね。


まぁ、そんなわけで鍵は手に入ったけど、今回の場所はちょっと歩いていける距離でもなく、lazyなバスがどうなってるかもイマイチ分からなかった。

なら、これしかないでしょうということでタクシーを呼んでしまう。あぁ、一回このラクさを覚えるとクセになりそうだ……


着いた先の家は、アパートって事だったけどほぼ完全な一軒家でした。しかも、キレイ。いやマジで。今住んでるホームステイの家よりは絶対にキレイだと断言できる。
さらに、広い。なんかいろいろついてる…冷蔵庫とか電子レンジとか洗濯機とか。その代わり他の家具ないぜおーいぇー。
…あぁ、2階にはバルコニーまでついてるぜおい。庭も広いじゃねーか…。ってこの部屋、天井にファンがついてる? え、1階にはエアコンあるの? あれ、ここガレージ? 車入る大きさじゃんか!


外観だけ晒してみよう

とにかく、ここはいい物件でした。その物に関しての文句はまったく出ない。これは狙い目だ。

問題は、場所なんですよねぇ…。
シティまで10分ほどバス、ガッコに行くにはさらに20分ほどバスに乗る。これは、今住んでる場所と大差ない距離があるということでして。シティには大幅に近づくのですが。

チャリ通を本気で考えたいんですよねぇ…。だって、このまま行くとバス代で月$80飛ぶ。日本でメトロ使ってた時は3ヶ月で1万3千円、$130以下だ。この間中古のチャリ売ります、の告知見て、それが$160で、結構心動かされてるんだよねぇ……。


ま、そんなことを考えつつ不動産屋に戻り(もちろんタクシーでorz)、鍵を返してパスポートを取り返し、バスに乗って帰宅。
そのうちマジでそこに引っ越すかもしれん。物件そのものがとてもよかったのが大きいなぁ。。。



どうでもいいけど、トラバ全削かけました。だって出会い系ばっかしくるんだもん。ほっといたら増長しそうだったし。そんなに出会いたければその辺で逆ナンでもしt(ry

「普通の」トラバは消さないのでいつでもどうぞ。

今日は月曜ですけどネタがあるわーい。


かねてより「引っ越したい」とだけ言ってきた私ですけど、ついに具体的な行動に移ることに。


ま、不動産屋見て回るか、くらいなレベルですけどねb

ついでに言うと友達にくっついてっただけですけどねorz


そういうわけで、授業終わったらバスに飛び乗ってシティまで、ついでに乗り換えて「ぱでぃんとん」というところまでやってきまして。界隈の物件を探すことに。

どういう訳かは知りませんが、その通りには各種不動産屋がたくさん並んでまして。まぁ実際の理由は知りませんけど、その辺はいわゆる閑静な住宅街でして、住むにはいいところなのがその理由かな、とかは思いました。

私たちが探すのは安く借りれる家orアパート。
ちょっと驚きだったのは、こっちでは家を借りる方が安いということ。しかしその主な理由が古い・汚い・(シティとかから)遠い、という三拍子によるものなのは明白でしたが。。。


で、安いアパートみたいなのを探すのですが、あんまり情報がない。しかもこっちの人はみんなlazyだから、「そこの資料勝手に取って見て」とか「ネットで調べて」とか平気で言う。
おいおい、こっちはわざわざ来店してるんだからもう少し気を利かせてくれよorz


いくつか良さそうなのをピックアップしてみて、試しに中を見れるか聞いてみると…なんと閉店だからまた明日、なんて楽しいことをほざいてくれた。えっと、まだ5時過ぎなんですけど。

おーけぃ、こっちの就労状況について小一時間ほd(ry


しかしそこであきらめては試合終了ですね。悔しいので歩いて外観だけ見に行くことにした自分たちはすごいと思います。
まぁ、現在地からとても近かったからそんなことできたわけですけどね。

こういう時、状況は努力した者により厳しくなるのが、悲しいルールなんです。







着いた場所で我々が目にしたのは、築15年物のボロアパート。




…えっと、新居への期待に胸を膨らませてはるばる歩いてきて、目的地がこれだととっても……沈むしかないよねorz

周りを少しうろうろして、やっぱりがっかりするしかなくて、切なくなったので帰ることに。


いつものように時間通りに来ないバスを待ち、シティで乗り換えて家に帰ってしまう。

着いたら7時半過ぎ。余裕で夕食とか済んでる。ひとりでもそもそ食べて、寝てしまいました。
最近、ホストファミリーのお二人は四六時中働いてるので、正直「ホームステイ」な気がしないです、はい。

まったく失念していたのだけれども、2日前の金曜は出発してからちょうど1ヶ月目だった。


とりあえず全滞在の九分の一が経過した訳なのだけども、



…なんか、予想よりは衝撃が少なすぎるかなぁ。

劇的なカルチャーショックもない、授業も真新しくはない、周囲の環境はそりゃすごく変わったけど、周りにいるのはアジアからの留学生ばっかしでやっぱり大幅な変化を感じられない。



……うん、留学って事でもう少し「うわぁ!」的な感覚を受けておきたかった。その点で言うなら、確かにウチの大学・学部はなかなかに優れた環境を持っているんだなぁ、とかしみじみしてみたり。

あ、決して頭ごなしに褒めてないよ? 改善して欲しい点はたくさんあるけど、基本となる環境は「海外経験のない学生」を海外に出しても違和感をここまでカットできるほどには整ってる、ということね。


…ぐがぁ、早く普通の留学生として普通の学部で勉強したい。じゃないとなんか身に入らない。語学留学生はもういい。さすがに英語の勉強は飽きた。これがまだ実生活で使えるような英語ならまだ打ち込めるんだろうけど、IELTS対策とか大学でのエッセイの書き方とかばっかり。

正直、この内容はオススメできない。実りある留学を望むのなら英語プログラムを含まない大学を推薦しますよorz

きっと、この大学も英語プログラムじゃなければとっても有意義な時間を過ごせるはず。自分に与えられたその機会が2月からだというのは、非常に悔やまれることです。




ちなみに、今日そのものは何もしないうちに終わってしまいましたとさ。

めでたくなし、めでたくなしorz

週末はがっつりイベントが入ります。昨日は昨日で飲んだけど、今日は今日とてパーティとかあるのです。

同じプログラムで来てる友達の誕生日ということで、ピクニック行こうか、という企画でした。


で、朝起きた瞬間に、雨音が聞こえた。

なんというかもうどうしろと、としか言いようがなかったorz


昼頃に集合して買い物をし、一時くらいに始めよう、という計画だったので、とりあえずいろいろやってると空はなんとか保ちそうな雰囲気に。激しく降らないことを祈り、バスに乗って出発。

まずはいんどーぴりぃで食べ物飲み物を買ってしまう。ここでビールを買ってしまったことが、後々予想外の事態を呼び込もうとは……


場所は、当初は有名な公園があるというのでそこ、ということになっていたけど、雨が降ったりしたらいやなので変更することに。行き先は屋根付きでいろいろできるらしい、さうすばんくに。

で、着いたら人人人。ある人は「まだ空いてる方だ」なんて言ってたけど、やっぱり人でいっぱい。まー、トーキョーとかの混雑とは比べものにならないほど少ないのだけど。


そんな状況で便利な場所が空いてるはずもなく。仕方ないのでその辺の芝生で色々広げてピクニック気分。雨も降らなかったから全然よかったし、みなさんしっかり水着とか準備してきてるのでビーチに飛び込んでしまったりでもうもう。私は芝生でまったりしてましたけどorz

で、誕生日おめでとう的なイベントも終わった頃に、この後どうするか、という話に。


そこで飲みに行こう、までは普通です。誕生日だもん。飲むさ。しかもその人はこれでハタチ。飲まずにどうする。

しかし、昼に買ってきたビールが誕生日お祝いで飲み切れてなかったので、追加で買ってきてここで飲んでしまおう、となったのです。
ついでに、みんな楽しいノリだったので勢いでオールしちゃおうぜ、ということに。

まぁ、私もこの日ホストファミリーが出かけてて帰ってこないことが分かってたので、まいっか、くらいの考えでOK。


さっそくとことこシティまで歩いていって、ビール1ケースを含む買い物をして、とことこさうすばんくに戻りまして。

ここ、簡単に書いたけど結構大変でしたよ? 1ケースって375ml×24ですよ? 7.8kgですよ? しかもこっちのビールって基本瓶ですよ? …久しぶりに、肉体労働しましたb


戻ってきても屋根付きの便利な場所はすべて使用中。ま、みんな考えることって一緒なんだよねorz

やっぱり仕方ないから芝生で飲み開始。


……ここから「しばらくお待ちください」状態でした。




もう、おかしい人たちでした。酔っぱらいでないとできないことをしていましたよ、えぇ。

(名前知らないんだけど)4拍子で名前と数字を指定して特定のリズムを続けるゲームがいやに白熱したり、子供用遊具で戯れてみたり、夜のビーチで泳いでみたり、叫んでみたり、物まねが連発されたり、それが芸人の物まねばっかりだったり、木登りしてみたり、もう列挙に暇がない。冷静になってから考えてみると、若いなぁ、というカンジですね、あっはっはっは(乾いた笑い)。


そんなカンジで楽しんでいると、2時半くらいについに雨が降ってきてしまいまして。ここ最近は夜だけ雨降ることが多いことを忘れていたのは失策でした。

とりあえずは屋根付きの場所に移動済みだったので(さすがに深夜になったら周りには誰もいなかった。。。)大して気にしていなかったんだけども、そのうち公園の職員みたいなのが来てどっか行けと言う。どうやらその場所を掃除しに来たようで。

…雨降ってんだから少し待ってくれてもいいかと思ったのに、いかにも「さっさと出てけ」って態度なので仕方なく移動することに。とは言え周りにはもう開いてる店もなければバスだの何だのもない。やっぱり他の屋根のある場所で雨宿りするしかなく。


ここでみんなのテンションがまだ高ければなんとかなったのかもしれないけど、アルコールも抜けてきて、はしゃいだ反動で眠かったり疲れてたりでもはやグダグダを通り越したレベルの状態になってしまい。


しかも、そこも動かなきゃいけない事態になってもうどうしようもなくなってきまして。もう動かなくてもいいようにとバス停に向かうことに。

もはやトボトボみたいな状態でバス停まで歩き、やっと着いても始発は9時半。その時の時刻が4時。もはやホントにどうにもならないorz


私は、無理でした……5時間バス停のベンチで待つなんて、不可能だと思いました。かといってそんなとこで寝るのも不安でした。

最後の手段で、カネの力に頼った私をお許しくださいorz






はい、タクシーです。シティから郊外である家までがっつりタクシー使わせて頂きました。$20くらい。5時間をその値段で買ったと思い、シャワーを浴びて少し食べてベッドに倒れました。


起きたら午後2時でした。素敵に無敵。



こんな強行軍の休日は久しぶりでした…確かに雨と追い出しのハプニングはあったのだけど、それでも楽しい一日だったのでよかったんだろう、と思います。






でもやっぱり疲れた('A`)

すみません、また飲んできちまって、すっげぃ眠くて、なんかだめなので今日はおやすみ。

あ゙ー、思考がネガティブだ。切り替えが必要です、はい。



これだけだとなんかさすがにアウトだと思うので、一枚置いておきます。


~一日一枚~

ただひたすらに


その辺で撮った写真だけど、この空を眺めていれるだけで十分ここにいる価値はあると思う。


なんか平日はネタを用意して週末は何があったかを記すブログになってきてる気g(ry

でもホントにネタ切れだから、今日の授業でおもしろかったことを書いてみよう。



いきなり問題。

「牛の群れが一つ」、という時に、英語ではどういう表現を使うでしょう?
























正解は「a herd of cattles」というらしい。「herd」ってのがまぁ「一群れ」みたいなカンジの単位なのだそうだ。
で、これが牛じゃない時、その「一群れ」が法則性のかけらもナシに変化するのです。

以下、ちょっとした例。正解部分は白文字にしとくから「どーしても答えが知りたい!」という人だけ反転させてくださいな。


ヒツジ:a flock of sheeps

カラス:a murder of crows

イルカ:a pod of dolphins

イヌ:a pack of dogs

ライオン:a pride of lions

サカナ:a school of fish

フクロウ:a parliament of owls

アリ:an army of ants

サル:a troop of monkeys



なんかもうちょっとしたダジャレっぽくなってるよね。。。

ライオンとかサカナとか、もはやどうにもできないよね。


あ、私は冗談で言ってませんよ? ホントに授業で習ったんだから。

「いや、間違ってるぜこれ」という人は教えてください。OZはマジいいかげんなんで。


ま、これは別に英語限定の事じゃないんだけどね。ほら、数取団ってあったでしょ。アレと同じ。
タンスが一棹とか、そういうのと同じなんでしょう。




はい、そこ。それは「オズ」とは読みませんよ。魔法使いでもWガンダムでもない。これは「おーじー」と読みます。Aussieと同じ意。
オージービーフのおーじーだと言えば分かるかな? オーストラリア人とか、オーストラリアの、という意味の略語です。

…この辺の表現にさえこっちのlazyさ加減が表れてる。表現はガマンするからせめてバスだけでも時間通り運行してくださいorz



そして、イマイチ閉まらないけど今日は終わってしまうのです。あっはっは。

自分の書いたもの読み返したら、「うーん」から始まるのが多すぎ。なんていうか鬱だね。

でも最近のネタがないのはどうしようもない。授業片付けて、ネット(1時間だけだが)使うか買い物するかして、家帰って夕食食べて、寝る。ホントルーティン。


こりゃあいかんとは思うけど、とりあえず今はそのおかげで色々考える時間がある。有効に使うとしましょうか。



で、これだけじゃさすがに足りないので、いつぞやにコメントにあった、「バナーとか使い方わからねぇよ!」というのにお答えしましょう。


まずは、画像を保存することから。
これは簡単だから省略してもいいくらいだけど書く。

1.欲しいバナーの上にマウスを載せる
2.右クリック
3.「名前を付けて画像を保存」をクリック
4.保存する場所と名前を決めて、決定

一丁上がり。



ちなみに、この手の画像に添えられてる「直リン禁止」等の表現は重要な意味を持ってます。

直リンクというのは、画像を表示させる時に「その画像が元々あった場所」から呼び出すことを言います。例えば、AさんがBさんのサイトで見つけた画像を気に入って、自分のところで使わせてもらおうと思った時、Bさんのサイトに置いてある画像のアドレスをAさんのサイトに書くことです。

こうすると、Aさんのサイトを開く時には、開いた人のPCは必ずBさんのサイトの画像を読み込む訳なのです。
これが例えば、CさんもDさんもEさんも……となると、Bさんのサイトの画像にアクセスが集中します。しかもそれは、Bさんのサイトにアクセスするわけではなく、画像だけにアクセスするのですね。

これはその画像を作った人に失礼なだけでなく、画像の置いてあるサーバーに悪影響を及ぼします。つまり、いろんな所からがしがしアクセスを食らってサーバーがパンクしてしまうのです。そうなると、Bさんのサイト自体が使えなくなることさえあるのです。

だから画像に「直リン禁止」と書いてあったら、絶対に保存してから使うようにしましょうねー。



で、話を戻しまして。

お次はアップロードが必要ですけど、これははっきし言ってどこで使うかによるので個人相談になります。

参考までにFC2での使い方を。

1.管理画面のメニューにある「ファイルアップロード」をクリック
(分からなければ「新規投稿」を選んで、「ファイルのアップロード」でもよし)
2.すぐ見える「参照」をクリックし、該当ファイルを選ぶ
(お好みで画像にマウスを載せると見える「ファイルのタイトル」を書いてもよし。)
3.「アップロード」を選ぶ
4.アップロードが終わったら、該当ファイルをクリックしてアドレスを確認する


アドレスの確認が終わったらそれをどっかにコピペでもしとけばOK。いよいよ貼り付けの作業です。

これもケースバイケースですが、どのような場合も「htmlを受け付けるフィールド」に書かないとダメです。具体的にFC2の場合で言うと、プラグイン設定の難しそうな方を使わないといけないです。


以下、がんばれ。

1.まずはどこに張りたいか決める(バナーの場合だから、メニュー内だと勝手に決める)
2.決めたらプラグイン設定で該当箇所の「HTML編集」をクリック。
3.よく分からない文字列が出てくるけどひるまない
4.書いてある文字列を慎重に眺め、どこがどの文章に対応してるかなんとなく類推する
5.張りたい場所を見つけたら、そこにこれを貼り付ける→ <A href="リンク先のアドレス" target="_blank"><IMG src="画像のアドレス" alt="お好みで説明" border="0"></A>
6.保存する

これで、多分OK。自分の貼りたいトコに貼れてなかったら3~6を繰り返す。それでもだめなら私に相談してくれれば1週間くらい後には何とかなってると思います。


これでわかるかな? わかるよね、だいじょうぶだよねうん。


で、続きはやっとこさ久しぶりのコメント返しー。

copyright © 2005-2006 くろ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。