せめて自分らしく。

いわゆる「うぇぶろぐ」とやらを利用して、生存確認とか自分用公開メモとかネタ帳とか 自己主張とか、いろいろやっていこう。目標週三更新。
about

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最終日。昨日ってか今日寝たの遅いのに、7時に起きれたのは若さということにしておいてくださいお願いします。

朝食は昨日よりはちょこっとグレードアップ。スクランブルエッグが付きました。あはははは、すごいですね!


今日はまず、昨日行けなかった「ぽーと・あーさー」ってのを見に行くことに。

ここは何かって言うと、イギリス植民地時代にオーストラリアに送られた犯罪人で、再犯しちゃった人が送られてくる刑務所みたいなトコだったらしい。

今ではすっかり観光地と化し、観光客用のあらゆる準備が為されていた。入場料・おみやげ屋・博物館・カフェetc

ま、そんなの特に関係ないけどね、綺麗なトコだったから。


のどかー


なんか落ち着いた風景だよねぇ。片田舎ってカンジ。しかしなんか過酷な重労働で多くの囚人がなんたら、という話がたくさんあるらしい。幽霊の話も結構出てるらしい。…お好きなように、ってレベルですごめんなさい。

今日は時間まで完全自由行動ということで、いくつか選択肢があった。
ガイドツアーもあったけど自分らであちこち歩き回ってみた。その方が気楽だし。

とはいえガイドいないんだから効率は悪かったり。。。 ま、それもまたありだけどねー。


そうこうしてると、船に乗る時間が来てるようだった。なんだか入場料に船のツアー一回分が含まれてるらしく、乗らないと損なので乗ることに。
ツアーはその辺をぐるっと一周するだけのゆるーいクルーズ。かなり波に揺られながら、のんびり陸から見えない場所を眺めてました。

船旅が終わった後は、集合までびみょーな時間しか残ってなかったので、おみやげ屋であれこれ見ることに。
なぜかぬいぐるみコーナーで盛り上がってしまった私たちは若いですそういうことにしておいてください。


そして集合して、一旦昨日泊まった家に戻ることに。なぜなら、昼食が用意してあるから。

…ってもハンバーガーになっただけ。中身大して変わらん。いいんだけどね、食事に期待して来た訳じゃないんだから。


その後は、「たすまにあでびるぱーく」なる所へ。

その名の通りタスマニアデビルがいるんでしょう。ちなみにこいつは、アリゲーターだかクロコダイルだかの次に噛む力が強いそうで。肉食なんですが、骨まで食っちまうとか。へーへーへー。

で、問題のタスマニアデビルが、こちら。


…かわいい?


うーんこいつらは赤ん坊らしいからまだ純粋にかわいいか。すげぇ反抗的な目をしてるがね。

しかし、こいつらには笑わされた。


赤ん坊より警戒心ないぞ


なんつーか笑うしかないっしょ。まぁ、かわいいと言えばかわいいでしょ。


いくらたすまにあでびるぱーくでも、別にタスマニアデビルだけで商売成り立つわけでもなく。鳥だの何だのが結構いまして。

カラフルな鳥とか鷲とかいたんですけど、楽しかったのはオウム。しゃべってくれちゃうヤツらですね。

しゃべってくれちゃいましたよ、「Hello?」と。なんか新鮮だったねぇ。必死で「こんにちは」をやらせようとしたのは秘密。


そして次に出てきたのが、名物のかんがるーですよちょっと。例のふれあえるタイプです。

かんがるーのエリアに入るなり、周りにいたヤツらが続々集まってきました。
あの、なんかでかくないですか? でかいヤツは身長140cmくらいあるよ。こんなのに囲まれたら、まぁビビっても仕方ないと思う、うん。
4,5歳の小さな女の子がまったく怯まずに群れの中に侵入していくのを見ると、なんだか悲しくなりましたがorz

しかし、実際そんな危険もないのが判明。でないとこんなエリアは作れないもんな。。。
そこでがしがし写真撮りましたよ写真。


いっぱいー

近影

子供入りー


しかもちょうどえさやりの時間だったので、えさを使ってかんがるーたちをおびき寄せたりすることもできて。えさをやったらばくばく食べたりして。
…なんか、もう少し低年齢層向けのレクレーションだとは思うけど、楽しいもんは楽しいよね。

そのあとは、パーク内を彷徨ったり(多分入っちゃ行けないトコに入ってた気がするorz)、鳥のショーを見たりしましたがまぁ大したこともなく。暑いし疲れたしということでカフェで少し休憩。

でもそこでのんびりすることもなく、次の目的地へ。
歩いて5分少々の所にある、チョコレート工場。

チョコレート工場。

中毒の私が黙ってる訳ない。

喜び勇んで行って、出てきたのがちょっと大きめの普通の家だった時は、なんだこんなもんかと思ったのですが。
中に入ると結構ちゃんとした機械とかあって、でも全部家族で作ってますみたいなレベルだった。これは侮れん。こういう店こそうまいものを作ってたりする。

さっそくいろいろある種類をそれぞれ試させてもらった。…うーんどれもなかなかに深い味わい。種類ありすぎて試食も大変だコレは。
で、気になるお値段は。
200g一箱で$4。3個買うと$1値引き。

……

4個買いました(*´д`)'`ァ'`ァ

だってー、美味しかったんだもん。無駄遣いとか言うなそこー!


そこでの買い物を終えるとまーくが車を用意していた。ここでツアー的には終了で、解散場所である「ほばーと」へ向かうことに。…長時間移動でーす。

……



………



……


着いた。

かなり街だ。っていうかブリスベンと張れる? もしかして勝ってる? とりあえずすごい久しぶりに発展した街に来た気がした。

で、バックパッカーホテルの前でバイバイ。とは言え他のツアー参加者も同じホテルに泊まる人が多かったので、あんまりバイバイでもなかった気が。。。

ホテルにチェックインして、とりあえず腹が減ったぜ飯を食おう、となった。だけどもう作るのはこりごりだったので、外食しちゃうことに。
ホテルの人に、この辺に行くといいと言われていたポイントに行ってみた。

……

あーでもないこーでもない、ここは高すぎだろここは違うだろ、と言ってるうちに一軒入ってみたんですけど。

明らかに場違いな場所に入ってしまったと気付いたのはメニューもらってからでした。遅すぎ。

飲み物:$20、前菜:$20、主菜:$50、デザート:$20という恐ろしいコース。金持ち万歳。


…退くのも勇気だ、ということで、席着いてからだけど退散。冷やかしじゃなかったんですごめんなさいorz


結局適当な店に落ち着き、シーフードなんかを。うん、悪くない。それでも刺身が食いたくなったのは日本人のサガだと思う。

今度は一人当たり$20前後。普通だ。


その足で酒屋へ。自分で飲む分を買い込んでホテルに戻る。

そして始まった酒とトランプですよ。これって健全ではないよね、多分。でもまぁいいか。

しかし、また4時までやってしまい、私がダメになりました。寝ないという選択肢もあったけど無理でした…。やっぱビール程度ならよくても強いヤツはヤバイようです。今後の参考にしよう、といつも思って参考になってない私ですorz


~一日一枚~

ひかげー


なんかかわいいよね。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックしたい物好きさんは↓
http://coeurdenoir.blog23.fc2.com/tb.php/115-550a9a91

タスマニアデビルについて
タスマニアデビルタスマニアデビル生物の分類|分類界:    動物界 :en:Animalia|Animalia門:    脊索動物門 :en:Chordates|Chordates亜門:   脊椎動物亜門 :en:Vertebrata|Vertebrata綱:    哺乳綱 :en:Mammalia

2007.03.26 22:14 | 旅のしおり【オーストラリア】

copyright © 2005-2006 くろ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。