せめて自分らしく。

いわゆる「うぇぶろぐ」とやらを利用して、生存確認とか自分用公開メモとかネタ帳とか 自己主張とか、いろいろやっていこう。目標週三更新。
about

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大学に入ったことで変わったことのひとつに、金曜の扱いがある。
この間までは月~金は毎日朝からガッコ行ってましたが、大学生は金曜はオフです。
…いや、正直課題多いからそれでも足りないくらいなのかもしれないけど。


しかし今週はまだオリエンテーションだからなーんにもない。
というわけで、気が向いたので映画でも行ってみることに。

日本の友達は「Hotel Rwanda」がいいと言っていた。
まぁこういう状況の定石として、見ようかなと思ったものは上映してないんですよねorz

そこでもう何でもいいやと思って特に調べずに行ってみた。
で、あと10分で始まるヤツがあったので特に考えもせず$5のチケットとコーラ・ポップコーン(計$5)を買い、さっそく入る…と、


……あれ、何このがらーんとした席は。

ひぃふぅみぃよぅ…4にん。


えええぇぇぇええぇぇぇぇぇえぇぇぇ!!!??

いや、いくら平日でもこれはないだろー、とすごく焦った。実はこの映画すごいハズレなのか!?と内心ビビったり。

まぁ、上映開始ギリギリになってぽつぽつ入ってきて、結局20人くらいだったけど。それでもすげぇですよね。


そんなこんなで見てきたSyriana。(今(3月11日)調べたら日本でも公開されてた。。。)

とりあえずバレを含むのでレビューは続きに。


さて、こいつはどんな映画かと言いますと、

石油とアラブ社会とイスラム教とアメリカとビジネス、それらを取り巻く人々の思惑や謀略がこんがらかってるお話です。

詳しいストーリーは日本語版サイトでも参照してください(ぁ
シリアナ

大体、私字幕なしで見たんですから。理解度は60%くらいです。そりゃー、アラビア語の部分は英語字幕ですけど。というか普通の会話もかなり崩れてたから英語字幕くらい欲しいところだったよorz

でも、なんか見ててすっきりしない話だった。それぞれの思惑が空回りしてるみたいな。誰もがみんな、自分のやってることが正しいと信じてる。でも「自分の利益にとって」正しいことしかしない人がいるから、こういうことになるんだよね。
だからこそ、きっとこれは現実に十分あり得る話だな、と思った。
誰が悪い訳じゃない。ただこういう世界がある。それが無性に悲しかった。

あとは、なんかもう痛々しかった。拷問のシーンがあるんだけど、生爪をペンチで剥ぐシーンは見てられなかったよ…。ラスト(さすがにこれは書けない)も、胸が痛みました。はい。


キャストは私気にしない人なんですけど、ジョージ・クルーニーとかマット・デイモンとかわりかし有名人が出てましたね。


色々考えさせられた、と書きたいけど正直考えるには理解が足りなかったかなorz
はい、もっと精進します…

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックしたい物好きさんは↓
http://coeurdenoir.blog23.fc2.com/tb.php/177-09f7bf23

copyright © 2005-2006 くろ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。