せめて自分らしく。

いわゆる「うぇぶろぐ」とやらを利用して、生存確認とか自分用公開メモとかネタ帳とか 自己主張とか、いろいろやっていこう。目標週三更新。
about

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
同居のご夫婦ですが、昨日旦那が帰ってきて早々、今日から家族旅行に出掛けるそうです。NZへ10日。…まぁ時期的にもいいんだろうねぇ。

そういうわけで旦那お帰り・旅行行ってらっしゃいの昼食会が適当にあったわけです。
出席者がお友達のご夫婦とお隣のおばさんと私だけですけど。
でも国籍バランバラン。6人しかいないのにOZとポーランド人とインド人と日本人がいました。すげぇ。


それで昨日出せなかった奥さん渾身の料理を含めた昼食会となったわけです。

そのもう一組のご夫婦も1歳ちょいの赤ん坊がいたため、常時子供二人に注意してないといけない、なかなか楽しいシチュエーションだったんですが、それはいい。


細かい話は抜きにして、ポイントだけ。

隣のおばさんが旦那に、一人で3ヶ月は大変だったんじゃない?と聞くと旦那は、

「妻は大変だったろうが、僕はそんなでもありませんでしたね。料理も美味しかったし仕事も以下略」


…まぁ、まだそこまで疑問を呈するレベルではない。ただ、別にもうしばらくあっちにいてもよかったなぁ的なニュアンスが感じ取れるのがどうかと思ったのです。


そして極めつけ。例の料理をみんな食べて、みんないいねぇ、と言って、おばさんが久々の奥さんの料理はどう?と聞いたら、

「いや、そうでもないですね。僕はもうちょっとこう、カリカリしたのが以下略」


…もうね、奥さんがかわいそうで見てられなかったです。お前な、一人不安に過ごしてきた妻の気持ちを考えたことがあるのかと問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

そういうわけでさすがに今回は提言する気になったので、「ちょっとそういう言い方はないんじゃないのか」的に言ったみたんですけど、

あぁ、まぁ、ね。くらいに受け流してきやがった。そりゃ、私は貴方より8も年下ですよ。人生経験も絶対的に少ないですよ。でもね、そういう状況で言っていいことと悪いことがあるんじゃないかと。それが分かるくらいの経験は私もしてる。それは、夫としてどうなのかと。


その後彼らは、適当にドタバタして片付けもそこそこに、NZへと旅立った訳なんですが。

これは「男尊女卑」で片付けていいものなんだろうか。文化の違い? そういう括りでいいの?
…なんか釈然としない。


そんなわけで、釈然としないけど家は10日ほど私のものです。泣き声もあやす歌もなし。ヒンズーの変なお香の匂いもなし。その代わり料理もなしorz

…がんばります。。。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックしたい物好きさんは↓
http://coeurdenoir.blog23.fc2.com/tb.php/203-a6662caa

copyright © 2005-2006 くろ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。