せめて自分らしく。

いわゆる「うぇぶろぐ」とやらを利用して、生存確認とか自分用公開メモとかネタ帳とか 自己主張とか、いろいろやっていこう。目標週三更新。
about

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
かっかっか。どっかで名指しでリアクションを求められていたので、ご要望通り一般には分からない話をだらだらと書こうかな。
まぁ、順序よく行きましょうか。


非一般向けの小説、ということなのですな。一般向けで言うなら私も福井晴敏とかMichael Crichtonとか出して語ってもいいのですが、ここは期待を裏切るのがつとめと言うものでしょう。

で、結局どんなジャンルかと言いますと、「ライトノベル」ってやつです。

現在、これらのジャンルを読む主な年齢層は、十代前半もしくはもっと若い世代ということで、社会的には「お子様向け」と認識されています。
しかし、私はそういうくくりはどうかと思う者の一人でして。数えでハタチになる私ですが、今でも新刊はがっちりチェックしてるし、好きな作家の本は発売日に買ってます。

なぜ、そんな物読むのかって?

おもしろいからだよ!

私が読んでるようなのは、小学生なんかに読ませても難解で分からないんじゃなかろうか、と思うものが多いです。
もちろん、低年齢向けのゆるーいのもたまに読んだりはしますが(それは買わないのだよ)。


うん、具体的に名前出した方がよさげな雰囲気ができたぞ。
では、作家名で出していきましょうか。


○上遠野浩平
 代表作:ブギーポップシリーズ

私がこよなく愛する作家さんの一人です。刊行された本は全部持ってます(現在29冊)。
内容は、よくある超能力者とか世界を動かすシステムとか合成人間とか、そんなのが入り乱れてるのですが。それは場合によってバラバラなので、ここでは書ききれない。
しかし、この人の書く物は、なんというか構成力が高い。あちこちに伏線張りまくって、旧い物にも新しい物にもがんがん関連性持たせて複雑に絡み合ってるのに、結論は明快だったり。
心理描写に関しても好き。登場人物たちはそれぞれなんらかの形で「自分」を主張していて、それらはバラバラに思えるけど全部自分の中にあるようにも思える。
そしてそういう「主張」を表す言い回しがいい。

この世には何の意味もないことしかないのなら、逆にそこに意味を求める者にとってはすべてに意味があるのと同じだ

前にも後ろにも進めないんだから、ここで踏んばるしかないだろう?

人に優しくするのは簡単だ--そいつのことを何も知らなきゃいい

人は生きるだけの価値があることを探すために生きているのさ



…確かに、見ようによっちゃあただの言葉遊びだ。でも、そこには何か訴えかけてくるモノがあると思うんですよ。

だから、「ここで終わり」となるまではこの人のシリーズは読み続けたい。しかもこの人、違う出版社から出してる本にも関連性持たせてるから、それ全部チェックしなきゃいけない。すげぇ。

あ、ちなみにどっかで名前の出てた「ビート4」ってのはコレ。最新作です。ちなみに発売日前日に手に入れましたb


ついでにネタバラシすると、私の付けてるシルバーアクセサリ(プロフィール画像のやつね)は、この本とかこの本とかで主に登場する、薄紫の彼が身につけてるアクセサリのレプリカです。
うん、なんか気に入ったんだよね。

言葉にしてみなければ、想いは自分にも通じないんだよ

という言葉が。

読みたい人には貸してあげる、と言いたいけど現状を考慮すると無理だね。しかも、この作家の悪いところ(いいところでもあると思うのだけど)は、
最初から全部読まないと分からない
という。だから一見さんは近寄りがたい。

あ、かじりたいだけの人はぜひコレを読んでみてくださいな。設定とかよく分からなくてもいけると思う。


○時雨沢恵一
 代表作:キノの旅シリーズ

こちらもその筋では有名なのですが。
この人は淡々と人間の心情を描き出す話が多いです。代表作の「キノの旅」ってのは、旅人としゃべるバイクがあちこち旅していろんな人と会う短編連作のシリーズなのですが、そこで会う人たちは人間らしさに溢れる、醜さと美しさの入り交じったお話を紡いでくれるのです。
人気出たからアニメになったりゲームになったりもしたし。
これは子供でも分かるけど、大人にも通用するレベルの本だと勝手に思ってます。
ちなみに、高校の図書館にそれなりの影響力を持っていた私は、うまく言いくるめてこのシリーズ全刊を入れさせたりしましたb


あー長すぎだから以下、簡略に紹介だけ。

○ちょっと読んで気になってる
 柴村仁 「我が家のお稲荷さま。」:脱力系?な雰囲気が好き。
 三雲岳斗 「コールド・ゲヘナ」「レベリオン」「ランブルフィッシュ」:なんかかっこいい。
 うえお久光 「悪魔のミカタ」:後半の巻からすげー難解な感じになるけど、テンポよくておもしろい。
 甲田学人 「Missing」:ダークダークダーク。よく読んでないけど。
 マサト真希 「スカイワード」:はじっこ読んだだけだが、キレイな感じの文章だった。

○読んでないけど気になる
 高橋弥七郎 「灼眼のシャナ」:アニメ化らしいよ。
 葉山透 「9S<ナインエス>」:よく「いいぜ」ときく。
 壁井ユカコ 「キーリ」:まったくかじってないけど気になる。
 ハセガワケイスケ 「しにがみのバラッド。」:少女漫画とコラボはどうかと思うけど。透明感がある文章だなぁ。
 
○ちょっと読んだけどどうだろう
 深沢美潮 「フォーチュンクエスト」:少し読んでみたが、この文章に慣れるのは辛そう。
 志村一矢 「月と貴女に花束を」:最初から最後までどうかなだったorz 一言で言うと(゚∀゚)ラヴィ! な感じ。
 おかゆまさき 「撲殺天使ドクロちゃん」:ハイハイワロスワロス


うわ、今日のエントリ、ムダに長い。

…ま、いっか。


~一日一枚~

きりばーん


自爆ヽ(゚∀゚)ノアヒャ


続きにコメントへんしん。


>てぃこ
いや、ムダに名前を隠さないでくだしぁ。
まーいつでも見にいらっしゃいな。更新されてる保証はないが。

故郷ねぇ。あなたの場合は私よりもその感覚強いのではないですか? やっぱよりどころがあるのはいいなぁと思うのです。

ま、生きて帰ってきたらまた相手してくださいな。


>たけし
あ、いらっさい。誰でも最初は初なもんさb
ごめんねぇ、今回のエントリでも示したけど、彼とは嗜好が似ている気がするのですよ、あっはっは。
個性出て見える? ならよかった。無駄に時間かけた甲斐があったというものだ。



誰か「ひぐらしのく頃に」の製品版持ってたら貸してください。

スポンサーサイト

 おお、さすがくろさん。
 上遠野浩平は簡潔で読みやすいところや「結局周囲からしてみればなんてことはない」みたいな終わりになるところが好き。なのに当事者はあんなに傷つく。ああ、無常。
 俺はブギーポップだったら「パンドラ」が一番好き。投稿作だけに計算が練られまくっている「笑わない」もいいけど。
 この人は、ついに「しずるさん」シリーズまでブギーポップに関連づけたからね。イマジネーターを便利屋と思っているんじゃないか?
 まあ、最近は伏線を色々張りなおしている感があるので、ぜひそろそろ収束させてほしいところ。

 関係ないが、ブギーは実写映画化されたという恐ろしい噂を聞いたことがある。

 「キノ」シリーズも好き。来月新刊が出ます。「アリソン」、「リリア」シリーズもまあ分かりやすくて好き。キノより素直なお話。

 ライトノベルだったら「ダブルブリッド」シリーズもいいかも。主人公だろうと、そのいい感じの相手だろうと容赦なく死ぬほど怪我を負わせて正気を失わせるドロドロッぷり。
 一巻のころあった最後の救い、見たいのも最近ではどこへやら。続巻が高校生のときから出ていないのでもう知らん。

 ふう、おたくトークは長くなっていけないな。
 くろさんが留学先でどんな日本文化を伝えるのかを期待しつつ。おやすみなさい。

2005.09.30 00:15 URL | 教授 #- [ 編集 ]

>ブギーポップ
確かにあれは十代前半が理解するには難しすぎですよね~。俺は確かビートのディシプリン2の途中で止まってます。シリーズが多すぎて何を読んで何を読んでないのか忘れちゃいました。
うーん薄紫ってフォルテッシモですか?いまいち覚えてない・・・

>キノの旅
全巻持ってます(笑)でも確かにこれは大人にも十分通用する作品だと俺も思います。なんつーか、容赦ないですよね。皮肉とか揶揄が。

>灼眼のシャナ
全9巻中6巻位までは読みました。実際面白いですけど、人物の描写が上記2つと比べると劣るかも。

>死神のバラッド
1,2巻は持ってます。やさしい感じの文章ですが、物語の展開にやや難あり。俺は全巻そろえようとは思えないです。

>フォーチュンクエスト
あぁーこれは読んだことないですけど、関連作のデュアン・サークはだいたい読みました。こっちは個人的にお勧めです。

俺はあと「リアルバウト・ハイスクール(召還教師の方)」「フルメタル・パニック」「ザ・サード」「ラグナロク」「トリニティ・ブラッド」「総理大臣のえる」あたりが好きですね♪
我ながらマニアックやなぁ(汗)

ってかコメント長っ!

2005.09.29 06:22 URL | tarou@非一般人 #- [ 編集 ]

他にも石井さんがいて悪いなと思いつつ。
俺が真の石井だという自己主張もしつつ。

じゃ今度は一般向けに福井晴敏で語ってよー。
俺、一般人だから?福井さん好き。
超能力少女パウラも好き。ソシエも(ry

2005.09.28 23:50 URL | the石井 #JalddpaA [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックしたい物好きさんは↓
http://coeurdenoir.blog23.fc2.com/tb.php/25-5ae19f09

copyright © 2005-2006 くろ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。