せめて自分らしく。

いわゆる「うぇぶろぐ」とやらを利用して、生存確認とか自分用公開メモとかネタ帳とか 自己主張とか、いろいろやっていこう。目標週三更新。
about

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
6時半起床の生活が板に付いてきました。なんか、目覚ましが鳴る直前に目が覚めたりする。うわ、なんだこの健康的な生活は。これはいいのか悪いのか。

朝食は着いた日からずっとシリアルオンリーです。ま、予想してたけど…ねぇ。慣れてきてるのが人間の恐ろしいところ。
今日は出る前にカバンにPCをしまい込む。なんとかしてこいつをネットに繋がなくては…!


まぁしかしまずは授業。本日はIELTS対策、みたいなヤツで。3時半まで、みっちり全部。


……


なんかね、TOEFL対策と大して変わらない。SILSのみなさんでインテンシブ受けた人は分かるかも。あの感覚。


結構退屈なような、結構メンドイような、結構マジメにやんないとヤバそうな、そんな印象の一日でした。


ちなみに、昼食は最初の日からずっと「りふぇく」(りふぇくとりを略してそう呼ぶようだ)で買い食いだけど、そのメンバーがいつも同じプログラムの日本人。これってダメ? ダメ? でもこのメンバー色々仲良くなってきてるし。いいかな。


そして授業は終わった。

放課後は上記の仲間とだらだら過ごす雰囲気なんだけどみんな見あたらないし、自分の用事もある。ということで一人でさっさと図書館へ。


言われていた上の階のカウンターで聞いてみる。

まずは、おばさんの手慣れた説明に従ってやってみる。ログイン画面までは行くけど、ログインできない。

何度やってもダメなので、おばさんがどこかに電話で問い合わせる。

……

何度かかけ直したりしてる。

……

結構時間かかってる。

……

やっと電話終わって出てきた答えは、あんまり前向きな答えじゃなかった。

要は、ICTE生である私は備え付けのPCは使えるが持ち込みは不可だ。どうにかしたいなら所属の事務所に頼んでみ、という。


…むぅ。

仕方ないので言うとおり所属の事務所に行ってみる。


受付で事情を説明してみたけど…うまく伝わらない。こういう時、自分の能力の低さが悲しい。しかしなんとかネット関係を仕切ってる事務所と連絡を取ってもらうことに。



また時間かかってる。


今度の答えもまた、全然前向きじゃなかった。

要は、どうやっても正規の生徒でないなら繋げないから、どうしてもというならその事務所に金を払う必要があるぜ、という。


…もうね、どういうことかと。そこまで留学生の地位をおとしめてどうする気なのかと。

でも仕方ないからやっぱりその事務所に行って値段なんて聞いてみる。


今度の答えは絶望的ですた。。。

3ヶ月A$30(DL上限100M)or3ヶ月A$50(DL上限300M)。

DLに上限かかるなんてありえねぇorz 何のことか分からない人のための解説。

DLってのはダウンロードの略で、その上限が100Mってことは、ウェブ上にあるものを月に100M分しか見れないって事。ちょっと綺麗な写真をオリジナルサイズでDLしたら、それだけで1Mいったりする。要は、ちょっと使ったらあっという間に上限が来てしまう、という。


これはもうあきらめるしかない、ということでこの闘争は一旦身を引くことに。しかしネットに繋がれないというのは非常にハンディキャップだ……。


失意のままバス停へ。しかし今日はそのまま帰らず、一人だろーとシティに行くことにしてました。それが前日、バスのチケットをいつものようにごまかそうとしたら見抜かれて払う羽目になったので、そろそろあきらめて正しいチケット買おう、と思っていたのです。

20分ほどバスに揺られてシティの真ん中へ。やっぱり苦手な人混みを縫って目的の店へ。
以前にホストマザーと来た店に行き、チケットを買い直す。目標はあっさりと達成。



せっかくシティまで来たのにこれはつまらん。そーだケータイ買っておくか。プリペイドを買おうと思っていたところだ。
なんてすごい軽いノリでケータイ屋へ行き、一番安いのをちゃちゃっと買う。この辺の即断即決は自分のいいところだと思いこんでおこう。
しかしこのケータイ、約A$70相当なのだけど、能力・外見は一昔前のPHS並。画面はカラーですらない。やばいよね。でも値段優先で他のかっこいいヤツの誘惑に打ち勝ったb

その後はもう一人ですることも思いつかなかったので帰宅することに。シティからだと家まで50分くらい。結構退屈。


もう家では夕食以外に特筆すべき事項が起こらなくなってきてる。しかしこの日は買ってきたケータイを「アクティヴェイト(使えるようにする事ね)」するという仕事があった。

特に説明書とか読まないでがちゃがちゃいじり、書いてある番号に電話をかける。向こうに出たのは普通のオペレーター。だが…早口だった。しかも、ケータイの音質は悪かった。

認めよう、オペレーターが何言ってるのかよく分からなかった。名前とか住所とか暗証番号とかいろいろ聞かれて、ひとつひとつをお互い確認しながら登録する作業がすごい手間取ってしまった。


※もちろん以下全部英語ね

オペレーター「お名前は?」

私「クロカワです」

オペレーター「は?」

私「だから、クロカワ」

オペレーター「わからないからスペルを言ってください」

私「はい…K、U、R、O、…」

オペレーター「*******?」

私「は?」

(何度か同じ問答)

オペレーター「KingのK? UniversityのU? RomeoのR?…」


この方法を理解するのに時間かかりましてorz

結局この作業だけで20分ほどかかり。。。途中でオペレーターは憤りのあまりか、「ちょっと待て」と言って保留かけてきたりして。かなり心苦しいシーンですた。

ま、苦労して使えるようになったケータイ。明日から有効利用しよう、と思いつつ床につくのでした。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックしたい物好きさんは↓
http://coeurdenoir.blog23.fc2.com/tb.php/36-9933419f

copyright © 2005-2006 くろ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。