せめて自分らしく。

いわゆる「うぇぶろぐ」とやらを利用して、生存確認とか自分用公開メモとかネタ帳とか 自己主張とか、いろいろやっていこう。目標週三更新。
about

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いまさら追い詰めても、もうすでにどん詰まりなんで大した意味はないけど、こうなれば落ちるトコまで落ちてやれ、と思って現況のメモ。

・エッセイ1 完成度:60% 締め切り:二日前
・エッセイ2 完成度:10% 締め切り:今日
・エッセイ3 完成度:5%  締め切り:明日(一週間の猶予をお願いしてみた)
・そろそろ決めねばならないこと
 帰国日(関連して、荷物の配送・チケットの手配)
 免許取得の云々
 東京の新居
 (するなら)帰国前の旅行



…無事に帰れなかったら、嘲ってやってください。そうでないと、人間としてだめな気がしますorz



…秋です。日本の秋は紅葉が美しいものですが、こっちは全然です。ただ、緑の色素が抜け落ち枯れていく木々が並ぶばかり。
…味気ない。というよりはっきりと見苦しいなぁ…。




…最近図書館によくこもるのですが、その、文化なのはわかります。でも、公衆という概念についてはもう少し検討してほしいと思いますね。

人があんまり来ないからって本棚の通路でいちゃつくんじゃねーよ。通れないだろがorz

個人スペースで、こっちは必死に書き物してるのに横でじゃれあってんじゃねーや。うぜぇorz


ちょっとネタを。


…見えるか?

ぱっと見なんだか分かりませんけど、コーラです…ワールドカップ仕様の。

見事に金色をしています。うたい文句も専用で「football, as it should be」となってます。FIFAのなんかですか?


日本に売ってるのか気になった(けど調べてないorz)のと、ネタにしたくなったから600ml$2.6だけど買ってしまったよ…。

中身はもちろん普通でしたけどorz


そしてそろそろコメント返し。

なんかびもーなんで続きに入れときますね。。。


続き読むなら文句なしね。。。

今日になって同居の家族がNZ旅行から帰ってきました。

赤ん坊はしばらくぶりに見た私を見て泣き……ませんでした。ぶっちゃけ父親よりもなつかれてるかも知れない(ぁ

でまぁ、荷物とかで居間がぐちゃぐちゃになったりかんだり。

でも黙ってて飯が出てくるのは助かる…ホント助かる。ありがたいよね。タダだし。(正に外道)


密かになんかお土産とかねーのかよ、なんて期待したけどもちろんあるはずもなくorz

そのかわりに土産話を写真・ビデオでいろいろとしてもらいました。どこだかの滝とか緑の沼とか間欠泉とかなんたらかんたら。

うん、おもしろそうだった。実際に見たらまた違うんだろうな、とも思ったけど、なんか行く気もしないな…。なぜって? 車がないから。免許ないと話にならなさそうだよ…。ツアーで行けばいいって? それはまたなんか違うじゃん? …根拠に欠けるねごめんなさいorz


しっかし…この土産話でも、先日のエントリの影が…。

旦那はあれもやったこれやったけど、奥さんはビデオ撮ってたり子供と待ってたり。あれ、また差別っぽくないですか。
いや、料金が高かったというのは理解出来る話なんですが、いわゆるアクティビティ系に参加したのが全部旦那だけというのはどうなんでしょう。奥さん確か旦那が帰ってきたら遊ぶわよーとか言ってたような。

…どうなんんだろうねぇ。


まぁ楽しそうだったんでいいんですけど。



どうでもいいけど、旦那はビジネスで、奥さんは生化学(bio-chemical science)でそれぞれ修士を取る予定のようです…。すげぇ。

Geckoと聞いて、頭に浮かぶものは何ですか?

















レンダリングエンジンGeckoが浮かんだ人。

IT勝ち組でも悲しくなりませんか(ぁ


まぁ要はヤモリですね。こっちにはかなりいるようです。

ようです、なのはどれくらいいるのか検討つかないから。夜行性なので、夜キッチンに行くと壁をちょろちょろ這ってたりするんですが、昼間どこにいるのか検討もつかないんですよ。

ちなみにこいつはいいヤツです。その辺を飛んでるウザい虫とかGOKIBURIとかを喰ってくれるので。いつだったかのオリエンテーションで言われました。


「ヤモリはお友達(Gecko is our friend)」



脈絡はないですけど、今日もキッチンでこいつを見かけて、そろそろ寝るかなーって時に。

窓をコツコツ叩く音が聞こえるわけですよ。


私の部屋は3階。虫がぶつかったにしては変な音。

…ちょっとホラーになってきましたか?



……いや、別にそういう展開にはならなかったんですけど。

振り向いた先にいたのは…なんていうか、キツネっぽい? possumというイキモノです。

よく分かんないけど家の天井とかによく住んでるそうで。道ばたに死骸が転がってることもしばしば。生きてるのを見たのは初めてでした…。


そしてなぜかそいつと見つめ合うこと数秒。写真撮ってやろうと思ってカメラ出したら逃げられたorz


まぁ、そんな夜のオーストラリア動物記でしたorz

同居のご夫婦ですが、昨日旦那が帰ってきて早々、今日から家族旅行に出掛けるそうです。NZへ10日。…まぁ時期的にもいいんだろうねぇ。

そういうわけで旦那お帰り・旅行行ってらっしゃいの昼食会が適当にあったわけです。
出席者がお友達のご夫婦とお隣のおばさんと私だけですけど。
でも国籍バランバラン。6人しかいないのにOZとポーランド人とインド人と日本人がいました。すげぇ。


それで昨日出せなかった奥さん渾身の料理を含めた昼食会となったわけです。

そのもう一組のご夫婦も1歳ちょいの赤ん坊がいたため、常時子供二人に注意してないといけない、なかなか楽しいシチュエーションだったんですが、それはいい。


細かい話は抜きにして、ポイントだけ。

隣のおばさんが旦那に、一人で3ヶ月は大変だったんじゃない?と聞くと旦那は、

「妻は大変だったろうが、僕はそんなでもありませんでしたね。料理も美味しかったし仕事も以下略」


…まぁ、まだそこまで疑問を呈するレベルではない。ただ、別にもうしばらくあっちにいてもよかったなぁ的なニュアンスが感じ取れるのがどうかと思ったのです。


そして極めつけ。例の料理をみんな食べて、みんないいねぇ、と言って、おばさんが久々の奥さんの料理はどう?と聞いたら、

「いや、そうでもないですね。僕はもうちょっとこう、カリカリしたのが以下略」


…もうね、奥さんがかわいそうで見てられなかったです。お前な、一人不安に過ごしてきた妻の気持ちを考えたことがあるのかと問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

そういうわけでさすがに今回は提言する気になったので、「ちょっとそういう言い方はないんじゃないのか」的に言ったみたんですけど、

あぁ、まぁ、ね。くらいに受け流してきやがった。そりゃ、私は貴方より8も年下ですよ。人生経験も絶対的に少ないですよ。でもね、そういう状況で言っていいことと悪いことがあるんじゃないかと。それが分かるくらいの経験は私もしてる。それは、夫としてどうなのかと。


その後彼らは、適当にドタバタして片付けもそこそこに、NZへと旅立った訳なんですが。

これは「男尊女卑」で片付けていいものなんだろうか。文化の違い? そういう括りでいいの?
…なんか釈然としない。


そんなわけで、釈然としないけど家は10日ほど私のものです。泣き声もあやす歌もなし。ヒンズーの変なお香の匂いもなし。その代わり料理もなしorz

…がんばります。。。

今日やっと、ドイツに出掛けてた旦那が帰ってきました。


…以前書いたか忘れたけど、一緒に住んでるご夫婦の旦那だけ、大学の何たらでドイツに3ヶ月、奥さんと4ヶ月の赤ん坊置いて滞在してたんですよ。


それで奥さん張り切って、また作ったことない料理作ってみるというのですね。

なんで?と聞いたら、


「彼が好きな物なの」


…ここはどうリアクションすべきだったかなぁ、と今でも謎です。


で、最近は作る料理のほぼ全てに私の分が含まれているという素晴らしい待遇だったので、それの試食もさせてもらえたりして。

…なんかトンカツみたいな鶏肉でした。ドイツの何だかって料理で、鶏肉を卵でどーにかしてなんだか。よく覚えてないです。要は鶏のドイツ料理だ。

味はなかなかのもの。でも結構不安だったらしく、しきりにどんな感じ?とか聞いてきたりして、最後には「まぁとりあえず食べられるわね(eatable)」とか言って。

…あぁ、奥さんそりゃ不安だったよねぇ。パートナーなしで赤ん坊育てるのってとっても大変だった。

なんだかんだで3ヶ月一緒に暮らしてますから、情も移るってものです。結構愚痴聞いたりもしましたねぇ。赤ん坊いるから映画も見れないとか、友達の付き合いが悪いとか、表面だけどの友達ばっかりでウンザリだとか。…私何も言えません出したけど。
虫が怖いからってなんか出るたび「ちょっとアレ捕まえてー」とかもやられましたし。
親の煩悩に付き合ったことも度々。「写真撮ってー」って。


うん、あなたは旦那なしで今までよく頑張った。私ができたのは愚痴聞いたり数十分子供の面倒みたり買い物行くくらいだった。旦那のサポートがなかったのは大変だったよね。もう大丈夫だね。


…そういう思いで、旦那が帰ってきても家族の団欒邪魔しちゃ悪いので部屋に籠もってたんですが、飯食おう、と呼んでいただいたのです。


が、


旦那が、機内食食ってきたから腹一杯で飯食えないとか言うんです。

もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前な、機内食ごときで3ヶ月食えなかった妻の手料理を断るんじゃねーよ、ボケが。
以下コピペ略。


まぁそういうことです。奥さんがかわいそうでなりませんでした;;

作ったことない料理で不安だけどがんばって用意しといたのに、腹一杯で食えないだぁ? お前ふざけてるんかと。

とはいえそこで切れるようなキャラでもないので、メインディッシュを除いたご飯をいただいただけなんですけども。…もらってる身分としてはあんまり強いこと言えないしね(´・ω・`)


その後は、やっぱり団欒の邪魔だと思ったからそそくさと退散。とは言え眠い赤ん坊こねくり回して泣かれてるだけでしたけど。


なんとなく、どうかなぁ、と思った夜でした。

copyright © 2005-2006 くろ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。